C・モリカワ、「全英オープン」デビューV。リンクス対策に、2つの大きなギア変更 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

C・モリカワ、「全英オープン」デビューV。リンクス対策に、2つの大きなギア変更

21.07.19 11:10

昨年の「全米プロ」に続き、コリン・モリカワが「全英オープン」初出場・初優勝!

 

昨年の「全米プロ」に続き、コリン・モリカワが「全英オープン」初出場・初優勝!(撮影:GettyImages)

全英オープン 最終日◇18日◇ロイヤル・セントジョージズGC(イングランド)◇7211ヤード・パー70>

第149回「全英オープン」最終日。首位と1打差の2位から出たコリン・モリカワ(米国)がボギーなしの4バーディで通算15アンダーに到達。24歳にしてメジャー大会2勝目、初出場の「全英」で勝利を奪取した。昨年の「全米プロ」でも初出場・初優勝しており、2つの異なるメジャー大会でのデビュー勝利は、史上初の快挙である。

71位タイに終わった前週の「スコティッシュ・オープン」が、人生初のリンクスコースだったが、ここでの大きな気付きから7I〜9Iを変更していた。「いつもブレード(P730)の9I〜7Iを替えました。『P7MC』に替えたのは、フェースの中心に当たらなかったからで、先週のスコティッシュ・オープンでは、普段打たないようなショットが出た。スイングの調子も良かったのでこれは大きな勉強になりました」(コリン・モリカワ)

米国テーラーメイドも内幕を明かす。

「選手がメジャーの前に重要なギア変更を行うことは滅多にありません。しかし、モリカワは、芝とアイアンの相互作用がリンクスの地面では異なることに気づきました。テーラーメイドのエイドリアン・リートフェルトは【音がコリンらしくなかった】と指摘。今週までコリンは『P770』(4I)、『P7MC』(5,6I)そして『P730』(7I〜PW)というPシリーズのコンボセットを使用していました。

コリンがウォームアップするのを見て議論した結果、リートフェルトは、モデル毎にソール形状が異なるため、彼の6I(P7MC)から7I(P730)への移行時に問題があるのではないかと気付きました。その結果、彼の7I〜9Iは『P730』から『P7MC』に切り替えることが決定されました」(米国テーラーメイド

今週の変更はアイアンだけではなく、パターも10g重くしてリンクス対策を行っていた。

リンクスのグリーンに悩まされ、『TPジュノ』にもわずかな変更を加えました。ヘッドに7.5gのウェイトを2つ(計10g)追加し、ボールを強く打ち込んだりするパッティングのプロセスを変えることなく、転がりを改善できました。普段トップ30以内のコリンは、今週、総合パッティングでトップ3に入りました。

この2週間はモリカワにとって初めてのリンクスゴルフでしたが、彼はこのチャレンジを受け入れ、自分のゲームの奥深さを存分に発揮する機会となりました。このような環境は、コリンの長所を生かすことができます。忍耐力、成熟度、決断力、そしてフェースの中心でボールを打つことです」(同)

ALBA Movies2

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!