長めの新パターで上々発進。タイガー・ウッズ「以前のように何時間もパター練習できない」 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

長めの新パターで上々発進。タイガー・ウッズ「以前のように何時間もパター練習できない」

20.08.07 10:44

タイガー・ウッズ、スコッティ・キャメロンの長めにした新パターで上々のスタートを切りました

 

タイガー・ウッズ、スコッティ・キャメロンの長めにした新パターで上々のスタートを切りました(撮影:GettyImages)

全米プロゴルフ選手権 初日◇6日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

「全米プロ」の初日、タイガー・ウッズは5バーディ、3ボギーの2アンダーで上々の滑り出しを見せた。スコッティ・キャメロンの新しいパターを投入していたが、結果はまずまずだったよう。

「バーディも良かったけれど、18番のパーパットを沈めたのが良かった。ああいうカギとなるパーパットを沈められると勢いを失わない。18番はティショットを左に曲げてしまったから、あそこでパーにできたのは大きく、そこから良い流れでパットも決められた。ミスショットをしても良い方に外れた。このコースはフェアウェイに打たなければならない。ラフに入るとグリーンに乗せられない。自分はまずまずのプレーができたと思う」(タイガー・ウッズ

新しいパターに替えた理由はなんだったのか。

「ここ数年、パターで良くないことが多かった。以前のように何時間も(腰をかがめて)パッティングの練習をすることができなくなった。ボクの背中はもうそれには耐えられない。チャンピオンズツアーの選手たちの多くが、歳を取るにつれて長いパターを使っている。それはそんなに前傾することなく打てるほうがラクだから。この新しいパターは少し長いんだ。それでもう少し長くパットの練習をできるようになった。だから、この大会への準備がしっかりできたんだ。2年ほど前に一度パターを替えて勝つことができたが、やっぱりこのパター(の形)が馴染んでいる」(同)

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!