ライトブルーの『SIM2』に対抗する『EPIC SPEED』はグリーン&ホワイト。ジョン・ラーム使用は『DS』?『LS』? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

ライトブルーの『SIM2』に対抗する『EPIC SPEED』はグリーン&ホワイト。ジョン・ラーム使用は『DS』?『LS』?

21.01.06 10:43

アルディラ『ツアーグリーン』と色味バッチリ、グリーン&ホワイトの新作『EPIC SPEED』

 

アルディラ『ツアーグリーン』と色味バッチリ、グリーン&ホワイトの新作『EPIC SPEED』(撮影:GettyImages)

既報のとおり、ライトブルーなカラーリングが判明している、テーラーメイドの未発表プロトタイプ『SIM2』ドライバー。「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の練習日の画像を見る限り、ダスティン・ジョンソンやコリン・モリカワなど有力選手が投入間近な様子が伺える。

◆青いフレームに、カーボン?のソールプレートも!未発表『SIM2』がチラつく動画をテーラーメイドが公開
◆キャロウェイの新作? 『Epic Speed』『同LS』『Epic Max』『同LS』が適合リストオン

そして、モノクロ画像が適合リストに登録されたばかり、キャロウェイ『EPIC SPEED』ドライバーのカラーリングも判明。ジョン・ラームが手にするのは、ソールのトゥ側が“エピック・グリーン”とホワイトであしらわれたプロトタイプだ。

ソールに『EPIC SPEED』としか書かれていないが、これがどのモデルに当たるのか、キャロウェイは詳細を伏せている。が、画像を見たところ、フロントウェイトがある上、ネックに『◆◆◆』の識別マーキングが確認できる。適合リストに上がった11個のヘッドのうち上記2点に該当する3つ(『EPIC SPEED(Version2)』、『同LS』、『同DS』)のどれか。

なお、ラームのドライバーシャフトはテーラーメイド時代から長年アルディラ『ツアーグリーン』を替えていないが、契約が変わってもこちらは不変。“エピック・グリーン”の新ヘッドと色味のトータルコーディネートも完璧な1本に仕上がったように見える。

“長年不変”という意味で、本当の注目点はアイアンになるだろうか。テーラーメイド時代のラームはタングステンがバック部に合わさった2017年モデル『P750』をずっと替えなかった。タイガーの『P7TW』やマキロイの『P730 RORS PROTO』、DJの『DJ PROTO』、ローズの『ROSE PROTO』などなど、有力選手の好みに応じていかようにもプロト対応が可能にもかかわらず、だ。

キャロウェイは「プロトタイプドライバー、プロトタイプアイアン、そしてCHROME SOFT Xボールとともに戦います」と詳述を避けているが、はたしてラームの“手”と化していた『P750』に替わるアイアンが見つかったのかどうか。

このニュースに関連するコンテンツを見る

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢6人が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!