キャビティアイアン使用者に最適。クリーブランド『CFX』ウェッジ、10月中旬デビュー | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

キャビティアイアン使用者に最適。クリーブランド『CFX』ウェッジ、10月中旬デビュー

19.09.20 12:42

クリーブランド『CFX』ウェッジ(15,000円+税〜、10月中旬発売)

 

クリーブランド『CFX』ウェッジ(15,000円+税〜、10月中旬発売)

ダンロップから新商品発売の連絡が届いた。「楽にショット出来るセミオートマチック機能でやさしさと多様性を両立したクリーブランド『CFX』ウェッジを10月中旬から順次販売します。価格はスチールシャフト装着が15,000円+税、カーボンシャフト装着が18,000円+税です」(同社広報)

『CFX』ウェッジの特徴はこうだ。「キャビティ形状の最適重心設計で、クリーブランドのウェッジの中でも特にミスヒットにおける許容性が高く、打点が安定しないゴルファーでもやさしくピンに寄せられます。また番手別のソール形状設計となっているため、ショットシーンに応じたやさしさと多様性が両立しているのが特長です。キャビティバックアイアンをご愛用の方におすすめです」(同)

その番手別のソール設計だが、46〜52°はフルショットでダフリを軽減する【V】ソール。ソールセンターをV字型にすることでショット時の抜けを重視してヘッドスピードの低下を防げるのだとか。また、54、56°は主にバンカーを想定した【S】ソール。ヒール部を削ることでバンカーシーンでの抜けの良さを重視している。58°はヒールとトゥを削ることで、ロブやピッチなど多様なショットへ対応可能な【C】ソールだ。

その他、アベレージゴルファーの平均打点位置に近いトゥ寄りにキャビティ内の重量を最適配置し、バックフェース内部に「ゲルバックインサート」を配置。打球時の余計な振動を抑制して打感も良くなったとのこと。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「スタンレーレディスゴルフトーナメント」ライブフォト
今週は「スタンレーレディスゴルフトーナメント」が開幕! 練習日から大会期間まで現地の様子をライブフォトで!
「ブリヂストンオープン」ライブフォト
今週の男子ツアーは「ブリヂストンオープン」。試合会場からライブで写真をお届けします!
「日本プロゴルフシニア」リアルタイム速報
「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」が開幕。リーダーボードはこちら!
「かねひで美やらびオープン」ライブフォト
ステップアップツアー「かねひで美やらびオープン」のライブフォトはこちら
米男子ツアー「ヒューストン・オープン」速報
米男ツアー「ヒューストン・オープン」のリーダーボードはこちら
宮里・谷原らが出場! 「イタリアオープン 」速報
宮里優作と谷原秀人が出場する欧州ツアー「イタリアオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!