松山英樹の2019年は、キャロウェイ『EPIC FLASH』ドライバーでスタート! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

松山英樹の2019年は、キャロウェイ『EPIC FLASH』ドライバーでスタート!

19.01.11 10:40

練習日では『M5』をテストしておりましたが、まさかの『EPIC FLASH』!

 

練習日では『M5』をテストしておりましたが、まさかの『EPIC FLASH』!

ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇10日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

松山英樹の2019年の初戦が幕を開けた。「課題はティショット」と話しており、複数のドライバーをテストしつつ、『M5』ドライバーの使用に注目が集まったが、「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の初日に選んだのはキャロウェイ『EPIC FLASH』ドライバーだった。

⇒話題の『M5』に『FLASH』、キャメロンの新作も ハワイでレアものを大調査!

同社の『EPIC FLASH』シリーズには、ゴルフクラブでは初の試みとなる、AI(人工知能)とスーパーコンピュータを使って機械学習し、開発された【フラッシュフェース】が搭載されている。

松山のこのクラブに関するコメントはないが、同じ『EPIC FLASH』を使っていた米国男子ツアー2勝のキム・シウー(韓国)に本音を教えてもらうと、「ボールスピードも上がったよ。ややトゥ寄りで打つと飛距離が出るね。安定感もある。打感も好きだし、スピンも減って弾道も高い。飛ぶよね」とのこと。

やはり、キャロウェイ『GBB』を長きに渡って愛した男には同社のドライバーが合うのか。松山英樹は昨季の中盤以降もキャロウェイの欧州専用モデル『XR SPEED』で一旦落ち着いていた。だが、一時期PING『G400LST』やテーラーメイド『M3 440』を使用するなど『GBB』の破損以来、エースドライバー探しは続いていた。

⇒松山英樹、テーラーメイド『M5』へ移行!? 複数のドライバーをテスト

今回テーラーメイド『M5』を含む複数のドライバーの中から選んだのは『EPIC FLASH』(STARやサブゼロではなく、スタンダード)だった。はたしてキャロウェイのドライバーが再びエースの座に昇格するのか、まずは初日を終えなければ何も判断はできない。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!