タイガー・ウッズ『SIM』ドライバー&新『TOUR B XS』で好スタート。マキロイも『SIM』で5アンダー | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

タイガー・ウッズ『SIM』ドライバー&新『TOUR B XS』で好スタート。マキロイも『SIM』で5アンダー

20.01.24 12:36

タイガーが重視する、思い通りに曲げられるコントロール性もまずまずだったよう

 

タイガーが重視する、思い通りに曲げられるコントロール性もまずまずだったよう(撮影:GettyImages)

ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇23日◇トリーパインズGC(カリフォルニア州)>

カリフォルニアにあるトリーパインズGCで米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は初日の競技が終了。昨年10月に日本で開催された「ZOZO Championship」でサム・スニードが持つ米ツアー通算82勝に並んで以来のPGAツアー出場となるタイガー・ウッズ(米国)は5バーディ・2ボギーの3アンダー・21位タイ。過去7勝を誇る得意のトリーパインズでまずまずの滑り出しを見せた。

前日までにテーラーメイド『SIM』ドライバー(シャフトは三菱ケミカルディアマナD + White 60TX』で変更なし)について「(M5より)数ヤード飛ぶ」と話していたが、この日は初投入で平均293ヤード、FWキープ率57.14%だった。改めて『SIM』の感想を問われ、まずまずの感触を振り返る。

「今日は少し良かったよ。フェアウェイには願ったほど打てなかったが、ティショットは自分の思ったように曲げることができた。まだ出だしが狭まったことは悪くない。赤字(アンダー)でサウスコースを迎えるのは良いこと。ミスをしても良いところにミスをした、それが一日中できたから良いセーブもできた」(タイガー・ウッズ

▶タイガーが初アプローチで「Feel Dead」と唸った、ブリヂストン『TOUR B X/XS』
▶メジャー12戦6勝、三菱ケミカル『ディアマナD-LIMITED』はタイガー、ケプカも使用中!

また、同じテーラーメイド契約の看板選手、ローリー・マキロイも『SIM』ドライバーを投入。平均309.5ヤード、FWキープ率78.57%と「飛んで曲がらない」状態が奏功したのか、7つのバーディを奪取。初日5アンダーの3位タイと、好スタートを決めた。

▶契約フリーの強者が2020年の1Wを変更。ケプカ『SIM MAX』、フリートウッド『SIM』
▶テーラーメイド『SIM』の【形状見直し】が生む副産物

ちなみに、他のテーラーメイド勢の使用ドライバーを確認するとダスティン・ジョンソンだけが『SIM MAX』。ジョン・ラーム『SIM』、コリン・モリカワ『SIM』、マシュー・ウルフ『SIM』で、ジェイソン・デイのみが前作『M6』だった。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」組み合わせ
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の組み合わせはこちら
小平が出場「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!