『ミズノプロ』VS『ST』、原英莉花のトラックマン試打結果は? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

『ミズノプロ』VS『ST』、原英莉花のトラックマン試打結果は?

20.02.18 10:34

12月に行われた同動画の撮影。新作『ST』を前に喜ぶ原英莉花

 

12月に行われた同動画の撮影。新作『ST』を前に喜ぶ原英莉花

ミズノがユニークな契約プロの試打動画を公式YouTubeチャンネルで公開している。「【ST vs Mizuno Pro】原英莉花プロ ドライバーインプレッション対決」と題し、昨年3月発売の『ミズノプロ』と今年3月発売予定の『ST』の、自社ドライバー対決の様子を公開したのだ。

▶なぜ日本じゃなく、PGAショーで発表? ミズノ『ST200X』『ST200』ドライバー、3月20日世界同時デビュー

原英莉花はまず、『ミズノプロMODEL-E』と思しき機種から試打。画像のように中・高弾道ドローを放つものの、スピン量が「3157rpm」と多めに出て、初速は「66.8m/s」と高初速を叩き出すものの、トータル262.3yにとどまった。

次に新しい『ST200X』と思しき機種を手渡されるなり、手を叩き喜ぶ原。「やっぱり、ヘッドが大きくなった分、安心感はあります」と第一印象を話し、高弾道ストレート弾道を放つ。ボール初速は「66.3m/s」だったものの、キャリーで240yを超え、スピン量が「2359rpm」と劇的に落ちた。結果、トータル274.1yと世界戦略モデルの『ST』が【低スピン・高弾道】で圧勝する形に。

▶ミズノ『ST200X』『ST200』ドライバーのアマ試打レポ。筒絶句 「コレはもう、外ブラです!」

原は『ST』の弾道に関して「高弾道のまま、そのままポーンと行ってくれる感じがあった」とし、打感についても「重たい感じなのに弾きもあって、すごい好きですね」。直近の「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」でも、『ST200X』に『ディアマナD-Limited』を投入して今季初戦を終え、初日280y、2日目251y、3日目265y、最終日271yのドライビングディスタンスを記録。

まだフィーリングは完璧ではないものの、4日間平均で「267y」を記録しており、「環境も良いですし、こっち(米国ツアー)でプレーしたいなと思いました。変なことをしなければ戦っていけるのかな、と。日本に比べて気持ち的に余裕をもってアグレッシブに攻めていけるコースセッティングでしたし、新鮮で楽しかったです」と話している。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!