追加された2つの『T』シリーズ』、タイトリスト『T400』『T100S』はどんなアイアン? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

追加された2つの『T』シリーズ』、タイトリスト『T400』『T100S』はどんなアイアン?

20.01.27 09:26

タイトリストのぶっ飛び系、『T400』。幅広を使いやすくする、段差ソールが他社とは違いますね…

 

タイトリストのぶっ飛び系、『T400』。幅広を使いやすくする、段差ソールが他社とは違いますね…(撮影:岩本芳弘)

先週のPGAショーでお披露目された、米国タイトリスト『T』シリーズアイアンの2つの追加機種。既に昨秋発売の『MB』『CB』『T100』『T200』『T300』という5機種のアイアンが存在するが、追加2機種はどんな特長があるのか。

■7Iロフト26°、ぶっ飛び系の『T400』アイアン

「T400アイアンのあらゆる側面は、信じられないほど高速なSuper Thin L-Faceから始まり、より長い飛距離を生み出すように設計されています。フェース下部はソールの周りを包み込み、フェースの衝撃が低くなってもボールの速度を維持します。自信に満ちたヘッド形状と見事に融合し、より速く簡単に感じることができます」(同社広報)

5、6、7Iにはソールのトゥ・ヒールに100gものテングステンを配し、重心を下げ、高打ち出しを可能にする上、これまでの『T』シリーズでは見られなかった「スプリットソール」が採用されている。画像を見ると、ソール幅に段差があることが分かる。

「革新的なスプリットソールは、広いボディデザインのパフォーマンス上の利点を維持しながら、プレーヤーのアイアンのように芝生を滑り抜けます」。また、タイトリストのアイアン史上、最もストロングロフトで7Iが26°となり、5Iからのラインナップとなる。

■『T100』よりも2°立った『T100S』

もう一つの追加機種『T100S』は、既存の『T100』アイアンよりも2°ロフトの立ったモデルで7Iが32°となる。ロフトが変わっても各番手ごとに最適に調整された形状は、これまでのシャープさを維持しており、中・上級者の厳しい要求にも応える。

これまで既存の『T100』(34°)と『T200』(30°)の間にはヘッドサイズだけでなく、ロフトに約4°の差があったが、『T100S』の登場で、小ぶりでもラクに飛距離の出るモデルが追加された形。また、やさしい『T300』(29°)よりラクに飛ばせる『T400』(26°)が追加され、複合構造の『T』シリーズだけで5機種展開となる。日本にも導入されるのか、正式アナウンスが待たれる。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!