米国キャロウェイ『SUPER Hybrid』を発表。チタンボディ、チタンフェースのUTは日本に上陸する!? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

米国キャロウェイ『SUPER Hybrid』を発表。チタンボディ、チタンフェースのUTは日本に上陸する!?

19.10.23 15:24

米国キャロウェイ『SUPER Hybrid』。ボディもチタン、フェースもチタンでFW級の飛びだとか

 

米国キャロウェイ『SUPER Hybrid』。ボディもチタン、フェースもチタンでFW級の飛びだとか

米国キャロウェイが、新商品を発表。「当社は、カテゴリーを定義する距離技術の開発における実績のあるリーダーであり、ボールをより遠くに飛ばすため特別に設計されたイノベーションを備えています。そして、『スーパーハイブリッド』のパフォーマンスマイルストーンを設定して、まったく新しいものを作成しました。フェアウェイウッドのパワーを提供できるハイブリッドです」(同社広報)

■チタンボディ、チタンフェースでFW級の飛距離 !?

米国で11月1日から発売される『スーパーハイブリッド』。その特長について「Super Hybridは、高強度のチタン製フェースインサートと全チタン製ボディからフェアウェイウッドのような距離を実現するように設計した」と言う。

チタン製UTといえば、「ロマロ」のチタンカップフェースに始まり、「The G」や「ロッディオ」、「バルド」などなど、飛びを追求するカスタムパーツメーカーでは知られた存在。ところが、大きなロットを必要とする大手メーカーではコストが合わず、珍しい存在だと言える。直近では、プロギア『Q』がチタン製だが、『Q』で明確にUTと言えるのはロフト28、33度のみで、8、23度はFW形状だ。

⇒あらゆる“窮”地を一発脱出!PRGRからお助け『Q』ちゃん登場

今回のキャロウェイ『スーパーハイブリッド』は、チタン製ボディ、フェースによって同社が保有する様々な技術がより活かされる形。2本の柱「JAILBREAK」テクノロジーだけでなく、「トライアクシャルカーボン」の複合構造。そして、軽比重のチタンを使うことで大量に生まれた余剰重量はトゥ・ヒールにタングステンでMOIアップと低重心化にもつながっている。

気になるのは、日本に導入されるかどうか。直近で日本人に最適な形状の『エピックフラッシュスター』UTが発売されたばかりで人気なため、洋顔の『スーパーハイブリッド』は微妙な存在だと言えそうだ。

⇒『EPIC FLASH STAR』UT、『EPIC FORGED STAR』アイアンの試打で【地べたドラコン】が勃発!

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!