樋口久子、岡本綾子、宮里藍…「全米女子オープン」日本選手激闘史 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

全米女子オープン

  • 期間:2018年05月31日-06月03日、
  • 場所:ショール・クリークCC(アラバマ)

樋口久子、岡本綾子、宮里藍…「全米女子オープン」日本選手激闘史

2018年05月30日18時00分

こうして迎えた87年大会では、トータル3アンダーでローラ・デイビス (イングランド)、ジョアン・カーナー (米国)と並びトップでホールアウト。プレーオフのすえデイビスに敗れたが、2位という記録は現在でも日本人選手の大会最高順位となっている。

この87年には、米女子ツアーで外国人選手として初となる賞金女王にも輝いた岡本。同ツアー通算17勝を挙げた“世界のアヤコ”も、その後の大会では自身の成績を超えることはできず。また海外のメジャータイトルを手にすることもできなかった。

90年代に入るとさまざまな選手が、世界一の称号を求め参戦。1大会に5人以上の日本人選手が出場するのも珍しくない時代となった。93年大会で小林浩美が4位に入ると、その後も平瀬真由美、福嶋晃子らが挑戦を続けたが、大きなインパクトを与えるまでには至らなかった。

そんななか、2000年代に入ると新世代が台頭する。05年大会に初出場した宮里藍は、07年大会で10位、09年大会で6位となった。そして11年には宮里美香とともに“ダブル宮里”で大会を盛り上げた。

第2ラウンドを終え、1位に美香、2位に藍がつける展開。荒天による順延の影響で、決勝ラウンドが組み替えなしで行われたこともあり、2人は最終日最終組でプレー。ともに第3ラウンドを「76」としたことも影響し、美香は5位、藍は6位に終わったが、日本選手による優勝を久々に期待させる4日間となった。

翌12年には美香が2年連続トップ10となる7位。14年に横峯さくらが7位、15年に大山志保が5位となるなど、その後もコンスタントに活躍する選手が登場している。女子のメジャー大会は、1977年に樋口久子が「全米女子プロゴルフ選手権」を制して以来、日本選手による優勝は成し遂げられていない。41年もの間閉ざされた扉に手をかける選手は今回現れるのだろうか。

おすすめコンテンツ

シブコ、河本結ら出場! 米女子ツアーのリーダーボード
「ロッテ選手権」が現地時間14日(水)から開幕! スコアはこちらでチェック!
ノジマ箱根シニア リアルタイム速報
ノジマ箱根シニアのスコアを現地から直送。オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
KKT杯バンテリンレディス 組み合わせ表
2021年の国内女子ツアー7戦目! 組み合わせ&スタート時間はこちらでチェック。
現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
【90切りレッスン】アプローチの種類を増やす
90切りはパーオン逃しのホールでいかにパーを拾えるかが大事。アプローチのバリエーションを増やそう!
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!