石川遼、国内復帰戦は予選落ち スイング修正には「何千球という球数がかかる」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権

  • 期間:2017年10月12日-10月15日、
  • 場所:岐阜関カントリー倶楽部 東コース(岐阜県)

石川遼、国内復帰戦は予選落ち スイング修正には「何千球という球数がかかる」

2017年10月13日18時03分

雨が一段と強くなった1番からはショットが右へ流れるようになり、3連続ボギーと安定感を欠いた。後半4番時点で9オーバーと予選通過は絶望的な状況だったが、強い雨の中、ショットが乱れながらも淡々とプレーしていた。

結局、この日は2バーディ・7ボギー・1ダブルボギーの“77”。日本ツアーにおけるパー70のコースでは自身ワーストの“78”(09年日本シリーズ初日)に迫るスコアで、トータル9オーバー97位タイまで後退。国内復帰戦は無念の予選落ちとなった。

ショットが安定しない理由は分かっているという。石川の自己分析によれば「手首の使いすぎ」と「前傾姿勢が崩れてしまっている」のがその原因。その結果インパクト時にアドレスの時より手元が浮いてしまい「打点がブレやすく、フェース面もブレやすく」なってしまっているという。

修正するには「今ままで慣れ親しんできたものとは違う動き、体に馴染むには何千球という球数がかかると思う」と話した石川。一朝一夕で修正できるものではなく、時間はかかるが自分を信じ、練習を続けるしかない。

この日奪った2回のバーディには、ギャラリーからの暖かい声援と惜しみない拍手が贈られていた。それに少し申し訳なさそうに笑顔で応えていた石川。ホールアウト後は、ドライバーやアイアンなどさまざまなクラブで1時間ほど、キャディや関係者と時折話しながら練習場で打ち込んでいた。

次戦は来週に開催される「ブリヂストンオープン」を予定。自分のためにも、応援してくれるファンのためにも、1日でも早い復活を。次こそはギャラリーの声援に堂々と応えてみせる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」速報
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の速報はこちら
米男ツアー「ジェネシス招待」速報
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!