戻ってきたドライバーで“90点ショット” 石川遼は連続予選落ちにも「淡々と」上昇を待つ | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2019年11月14日-11月17日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

戻ってきたドライバーで“90点ショット” 石川遼は連続予選落ちにも「淡々と」上昇を待つ

2019年11月15日17時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 正岡竜二 -6
  Y・E・ヤン -6
3 時松隆光 -4
  S・ノリス -4
  朴相賢 -4
6 嘉数光倫 -3
  浅地洋佑 -3
  宮里優作 -3
9 P・マークセン -2
  B・ジョーンズ -2

順位の続きを見る

石川遼の手にはドライバー あとは淡々と上昇を待つ

石川遼の手にはドライバー あとは淡々と上昇を待つ(撮影:村上航)

三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇15日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)◇7262ヤード・パー70>

初日に「77」を叩き、74位タイと大きく出遅れた石川遼。2日目の巻き返しが期待されたが、2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの「75」でのホールアウトとなった。この結果、予選カットラ
インの6オーバーに6打足らずのトータル12オーバー・79位タイで、予選落ちを喫した。

富士山をバックに歩く石川遼【写真】

「内容がよくないからこそ、このスコア。ゆっくりやりたいと思う。昨日からやっていることは一貫して同じだが、良くなってくる過程のなかでは仕方ないこと。波があると思うし、自分が焦っても意味がない」

ラウンド後は、淡々と自身のラウンドを振り返った。

10月の「トップ杯東海クラシック」以来、右にプッシュアウトするミスが続いていたが、スイングの再現性やショットの精度を上げるべく、ダウンスイングでダウンブローに入りすぎている部分を修正した。先週は「まっすぐ行く気がしなかった」と、不調のドライバーを抜き13本で戦ったものの予選落ち。今週はドライバーを入れて、必要な場面でいいショットも打てている。今日も6番ホール(パー4)のティショットでドライバーを使い、本人も満足の”90点ショット”を放ったが、突き抜けて林に打ち込んだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!