【勝者のギア】ロフト16.5度の3Wで290ヤード超! 星野陸也のぶっ飛びギア | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2018年08月30日-09月02日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

【勝者のギア】ロフト16.5度の3Wで290ヤード超! 星野陸也のぶっ飛びギア

2018年09月04日12時32分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 星野陸也 -16
2 今平周吾 -11
3 重永亜斗夢 -10
4 木下稜介 -6
  B・ケネディ -6
6 B・ジョーンズ -5
  池田勇太 -5
8 松原大輔 -3
  金亨成 -3
  ブライアン ジョン -3

順位の続きを見る

4日間でビッグドライブを存分に披露した星野陸也

4日間でビッグドライブを存分に披露した星野陸也(撮影:鈴木祥)

フジサンケイクラシック 最終日◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

プロ転向からちょうど2年。22歳の星野陸也が、悲願のツアー初優勝を手にした。今季の初優勝者は7人目となるが、その“勝ち方”は鮮烈。7,566ヤードのパー71は、国内男子ツアーでも屈指の長さだが、今年「全米オープン」で初メジャーを経験した伸び盛りの大砲には関係なかった。

【写真】ビッグドライブで活躍!星野陸也のドライバースイング写真

むしろ、標高が高く、振れて飛びすぎるためにティショットはロフト16.5°の3W(HL)を多用。このロフトでも平均290ヤード以上を放ち、飛びすぎて突き抜けを心配するほどの有り余る飛距離でコースをねじ伏せ、初日から首位を譲らぬ完全勝利。難関・富士桜CCの最多アンダー記録も更新した。

後続の重永亜斗夢が6バーディを奪い追い上げを見せる中、「こんなに速攻で追いつかれちゃうのか。手が震えそうだった」と思っていたのは前半だけ。後半からは幾度ものミラクルショットで自身を救った。前半を1アンダーで折り返すと、10番パー4では、グリーン横のラフから放った25ヤードを直接沈めてバーディ。

「想像の1.5倍くらい強く入ってしまった」と、誰もが“強い”と思うシーンだった。「頼む、と思ったらピン筋で、まさか奇跡的に入るとは」。そんな状況でもピンの“芯”を喰う運の強さが味方した。これだけではなく、ミラクルは続く。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!