今平周吾は4年連続トップ3も優勝ならず「来年こそはリベンジしたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ

  • 期間:2018年07月05日-07月08日、
  • 場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)

今平周吾は4年連続トップ3も優勝ならず「来年こそはリベンジしたい」

2018年07月08日16時19分

次こそは優勝を!2ヶ月間でさらに力をつける(撮影:村上航)

長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント 最終日◇8日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>

【写真】最終日の熱戦の様子を写真でお届け!

今年も勝てなかった。2015年は2位、16年は3位タイ、そして17年は3位と3年連続で「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」でトップ3に入っている今平周吾。今年こそ、の思いで2打差2位タイからスタートしたが、5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと1つしか伸ばせず。トータル7アンダーの3位タイに終わった。

2日目までの雨模様から一転、晴れ間が差したザ・ノースカントリーGCのグリーンに手こずった。2番(パー3)で3パットしてボギーが先に来ると、7番でも3パットのボギー。バーディを奪いつつも波に乗れない展開が続くと、17番では後半の2つのバーディを帳消しにするダブルボギー。「パッティングが良くなくて、最後までかみ合わなかったです」と悔しい3位タイで最後の18ホールを終えた。

とはいえこれで4年連続トップ3。「相性はいいのかな」と思うからこそ悔しい。「また来年はリベンジしたい」。シャイな今平が珍しく強い語気で吐き出した。

今後は8月23日(木)に開幕する「RIZAP KBCオーガスタ」まで約2か月間、地区オープンなどには出場せず練習やトレーニングにいそしむ。その間にある海外メジャー第4戦「全米プロゴルフ選手権」については資格(世界ランク100以内前後。PGAオブ・アメリカの推薦)が降りてくれば出場する予定だ。

この2か月間の課題はショートゲーム。「パターとアイアンの100ヤード以内のショットを磨きたい。いろいろ練習してまた1から頑張ります」と研鑽を積んで、16年4位、17年2位タイとこちらも相性の良い9月の「ANAオープン」で北の大地へと帰って来る。(文・秋田義和)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!