バンカーの難易度アップは成功!倉本会長は「非常に嬉しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯

  • 期間:2016年07月07日-07月10日、
  • 場所:北海道クラシックゴルフクラブ(北海道)

バンカーの難易度アップは成功!倉本会長は「非常に嬉しい」

2016年07月07日22時02分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 武藤俊憲 -8
2 宋永漢 -5
3 谷原秀人 -4
  竹谷佳孝 -4
  片岡大育 -4
  大堀裕次郎 -4
7 冨山聡 -3
  小平智 -3
  時松隆光 -3
  W・J・リー -3

順位の続きを見る

池田勇太の5番バンカーショット、このホールは痛恨のダボに

池田勇太の5番バンカーショット、このホールは痛恨のダボに(撮影:米山聡明)

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日◇7日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>

 この大会では初の試みとして、バンカーの難易度を上げるための方策が実施された。それが、セントアンドリュースの全英オープンで使用しているものと同じ歯のあるバンカーレーキでピン方向と垂直に波状の起伏をいれ、難易度を上げるというもの。また1組に1人専任のボランティアスタッフ随行し、バンカーならしを担当している。

この大会のバンカーレーキはこんな形

 この日行われた公式記者会見で倉本昌弘PGA会長は「選手たちはバンカーが柔らかいとか難しいとか言ってくれている。これは非常に嬉しい」と意図通り、難易度が上がったことを喜んでいた。なお、「最後に砂を入れたのは1年前」で、この大会のために追加したわけではなく、コースの通常営業時と砂の量は変わってないそうだ。

 落ちた場所により、ならしが均一ではない場合があるとの声もあったが「フェアウェイのど真ん中でもラッキー、アンラッキーがあるのがゴルフ」と大きな不平等は生じていないと判断。「明日も続けていく」とこの試みを続ける意思を明確にしていた。

 この日、コースレコード“64”をマークした武藤俊憲は一回もバンカーに入れることはなかったという。3位と好スタートを切った大堀裕次郎は「スピンが入りずらい。砂も柔らかいので、どうしてもクラブが深く刺さってしまう」と起伏のある砂の難しさを語った。粘っこいラフももちろんだが、この試合ではバンカーも徹底的に避けることがスコアメイクの重要にカギになってくるようだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!