さらば、“ダンロップフェニックストーナメント”我がフェニックス人生に一片の悔いなし! | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ダンロップフェニックス

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:フェニックスカントリークラブ(宮崎県)

さらば、“ダンロップフェニックストーナメント”我がフェニックス人生に一片の悔いなし!

2019年11月23日07時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -5
  今平周吾 -5
3 黄重坤 -4
  C・モリカワ -4
5 P・マークセン -3
  市原弘大 -3
  張棟圭 -3
  木下稜介 -3
9 C・チャンプ -2
  星野陸也 -2

順位の続きを見る

愛するフェニックスは今年で最後 ありがとうトミー!

愛するフェニックスは今年で最後 ありがとうトミー!(撮影:佐々木啓)

ダンロップフェニックストーナメント 2日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

本戦に入る前から、今年を最後に今大会には出場しないと決めていた中嶋常幸。その話が広がるにつれて、大会関係者はもちろん、出場選手からも「そんなことを言わずに、まだまだ出場してくださいよ」という声をかけられたという。第1回大会から11年間も海外勢に優勝カップを奪われていたが、それをストップさせたのが1985年の中嶋だった。当然のようにこの大会には思い入れがあるし、大好きで仕方がなかった。できれば、許される限り、ずっと出場し続けたい。しかし、男に二言はなかった。

米ツアートップの飛ばし屋に、ギャラリーも釘付け【大会写真】

「やっぱり、引き際っているのもあるし、この大会が好きだからこそ、もう今年で…、ね」

プロに転向して44年、ゴルフに対して常に真摯に向き合ってきた中嶋だけに、一度決めたことを翻すのはあり得ない。それを最も理解しているのは、律子夫人であり、長女の佳乃さん、長男の雅生氏だ。どんな形であれ、中嶋が最後に今大会に挑む姿を見届けようと、急きょ、律子夫人、佳乃さん、雅夫氏の夫人と3人の孫が開催コースに駆けつけた。

「自分からは何も話してないのに、気持ちを察してくれたんだろうね。最後ぐらい、ボクの姿を見てあげたいと思ったんじゃない?」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!