“ぶっつけ本番”で久々の首位発進! 石川遼、「65」の要因は? | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本プロゴルフ選手権大会

  • 期間:2019年07月04日-07月07日、
  • 場所:いぶすきゴルフクラブ(鹿児島)

“ぶっつけ本番”で久々の首位発進! 石川遼、「65」の要因は?

2019年07月05日18時58分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 黄重坤 -6
  石川遼 -6
  藤田寛之 -6
4 北村晃一 -5
  D・ブランスドン -5
  近藤智弘 -5
  今平周吾 -5
  松原大輔 -5
  時松隆光 -5
  貞方章男 -5

順位の続きを見る

バーディ締めで「65」 石川遼が力強く拳を握った

バーディ締めで「65」 石川遼が力強く拳を握った(撮影:鈴木祥)

<日本プロゴルフ選手権 第1ラウンド◇5日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71>

九州地方を襲った豪雨の影響で初日が中止となり、本日5日に幕を開けた「日本プロゴルフ選手権」。第1ラウンドを終えて、石川遼が久々の首位発進を決めた。

キレッキレスイングの秘訣は? 石川遼のドライバースイング【連続写真】

スタートから連続バーディと勢いをつけてコースに出ると、前半を終えて4アンダー・首位タイ。後半1番パー4では、ドライバーを振ったティショットを左のOBに入れたが、2アイアンで打った打ち直しの3打目はしっかりとフェアウェイを捉えた。そこから手前3mに乗せてボギーで抑え、その後はスコアを落とすことなくプレー。最終9番パー4では11mのバーディパットを沈めて歓声を巻き起こすと、拳を突き上げてラウンドを終えた。

7バーディ・1ボギーの「65」は、今季の自己ベストスコア。昨年の「東建ホームメイトカップ」以来となる首位発進だが、今週“特別に何かが噛み合った”という実感はない。「特別なことをやっている感じはない。ドライバーからパッティングまでが安定しているというんですかね」。これまではドライバーという課題に偏りすぎていたが、それも徐々に落ち着いてきた。「アメリカから帰ってきて、すごく時間がかかりました。去年1年苦しいときもあった。1つ課題があると試合でもそこに気を取られるので、同時に結果を求めていくことは自分にはできないことだった」。ゴルフの内容を追い求めて試行錯誤を重ねたが、それが目に見える結果としてついてきた。

加えて、本コースに“ぶっつけ本番”で臨んだこともよかった。プロアマ戦も練習ラウンドも行えず、前日はコース内を歩いてチェックすることは可能だったが、あえてそれを行わなかった。「回ったことのないコースは、自分が見える範囲に打っていきたいと思う。知らないからガンガンいけるという感覚ではなくて、知らないからこそ見えるところに打っていこうと。そういう“危機管理能力”が発動するというのは、悪い方向にいかないと思う」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!