17歳の“女子高生アマ”が脅威の『63』 3カ国語を操る国際派は日本のプロテストも「受けると思います」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

17歳の“女子高生アマ”が脅威の『63』 3カ国語を操る国際派は日本のプロテストも「受けると思います」

2019年06月16日18時05分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -12
2 比嘉真美子 -11
3 河本結 -10
  穴井詩 -10
  新垣比菜 -10
6 イ・ミニョン -9
7 ぺ・ヒギョン -8
  笹生優花 -8
9 宮里美香 -7
10 松田鈴英 -6

順位の続きを見る

驚異の「63」をマーク 17歳のユウカ・サソウがベストアマを獲得した

驚異の「63」をマーク 17歳のユウカ・サソウがベストアマを獲得した(撮影:村上航)

宮里藍 サントリーレディス 最終日◇16日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

フィリピン出身のアマチュアが「63」というビッグスコアを、最終ラウンドで記録した。17歳のユウカ・サソウが、10バーディ・1ボギーでトータル1オーバー・40位タイから、トータル8アンダー・7位タイまで順位を上げ、ベストアマチュア賞を獲得した。

これは記念になる! 最後は宮里藍の自撮りでピース【LIVEフォト】

今年4月に行われた「オーガスタ女子アマ」で3位タイに入るなど、将来の活躍を期待されるサソウは、日本人の父とフィリピン人の母をもつハーフ。現在、日本の通信制高校に籍を置く“現役女子高生”だ。この日出した「63」は、これまでの「64」を更新する自己ベスト。「パットがいちばんよかったです」と、4m〜6mのミドルパットを次々を決め、バーディを積み重ねた。

来年秋には米国のジョージア大へ進学が内定しているが、「プロテストをもし受けるのであれば、大学のコーチと話して決めたい」と、進路についてはまだ心が揺れている状態。それでも、「夢は米国ツアーにでること」とあって、あとはどのタイミングでプロの道に進むかを模索するという状態だ。

「大学ではチームプレーが多い。ゴルフでプロになったらなかなかできないので、チームでの試合はやってみたい」と考えながらも、今年の日本のプロテスト、さらに米国のQスクール(QT)受験についても、ともに「受けると思います」。場合によっては、大学に通いながらプロとして活躍する姿もイメージしている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!