鬼門の決勝ラウンドは第一関門突破!大槻智春、最終日のテーマは“1打への集中力” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

関西オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2019年05月23日-05月26日、
  • 場所:KOMAカントリークラブ(奈良県)

鬼門の決勝ラウンドは第一関門突破!大槻智春、最終日のテーマは“1打への集中力”

2019年05月25日19時05分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 S・ハン -15
2 H・W・リュー -14
3 中西直人 -13
4 大槻智春 -12
5 G・チャルングン -10
  星野陸也 -10
  今平周吾 -10
8 時松隆光 -9
  池村寛世 -9
10 嘉数光倫 -8

順位の続きを見る

明日もティグランドでの判断がカギとなる

明日もティグランドでの判断がカギとなる(撮影:村上航)

<関西オープン 3日目◇25日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇6979ヤード・パー72>

プロ10年目、29歳の大槻智春が8バーディ・2ボギーの「66」をマーク。この日のベストスコアを叩き出し、トータル12アンダーの単独4位でホールアウトした。特に、上がり3ホールを3連続バーディで締める勝負強さを見せ、初日の1オーバー81位タイからの巻き返しに成功した。

女子ツアーではこの人がコースレコード【写真】

「今日は13番でOBを叩きましたが、ボギーで切り抜けられたのが大きかったですね。次の14番でボギーを打ってもまだ3日目という気持ちが、上がり3ホールにつながったのかなと思います」と大槻。もちろんメンタルな問題だけで、「66」はマークできない。そこには大槻なりの綿密なコースマネジメントがあった。

「そのホールを迎えたときに、必ずティショットでのリスクをとるのか、セカンドショットでのリスクをとるのか考えます。OBや池の配置によって、ティショットをドライバーで打つ必要があるのか、他のクラブで打ち、2打目でピンを狙ったほうがバーディをとれる確率が高いのかを考えるわけです」

要するに、ラフに入れてもいいからとにかくグリーンに近づけることが、ピンそばにつけられるのか、確実にフェアウェイにボールを置き、ライのいい状態から打ったほうがピンに寄せられるのかという選択だ。話だけ聞けば単純に聞こえるかもしれないが、どちらも勇気が必要な決断ではある。一つ間違えれば。この日の13番のようにOBを打つこともあれば、最終18番パー4(決勝ラウンドは325ヤード)のように、ドライバーでワンオンを狙って、グリーン手前の花道まで持っていき、寄せワンのバーディを奪うこともある。ただ、1打1打への集中力も高まることは間違いない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!