「ドキドキが止まらない」ジュニアが石川遼のキャディに 新たな取り組みで学んだこと | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フューチャーGOLFツアーin埼玉(ツアー外競技)

  • 期間:2018年12月15日-12月16日、
  • 場所:森林公園ゴルフ倶楽部

「ドキドキが止まらない」ジュニアが石川遼のキャディに 新たな取り組みで学んだこと

2018年12月16日18時56分

ジュニアがキャディを務めたフューチャーゴルフ(撮影:ALBA)

<フューチャーGOLFツアーin埼玉 2日目◇16日◇埼玉県・森林公園ゴルフ倶楽部>

ジャパンゴルフツアー選手会長の石川遼が中心となり、今年からスタートした「フューチャーGOLFツアー」。ゴルフの人気拡大とともに、ジュニア育成を大きな目標に掲げている。2日間の大会を終えての感想を聞かれると、真っ先に口にしたのは“選手”としてではなく、“選手会長”としての思いだった。

石川遼に星野陸也が埼玉県で未来ゴルファーを創造【特選フォトギャラリー】

「なるべく多くのかたと一緒にプレーしたいと思っていました」。その思いを実現すべく、初日はアマチュア3人に対してプロ1人でハーフ、残りのハーフで違うアマチュア3人とプロ1人でラウンド。2日目はプロ1人とジュニア選手2人という珍しい組み合わせで試合が行われた。

石川と同組で回った岩井千怜さん(埼玉栄高1年)は、「もう、すごく楽しかったです!」と笑顔が絶えない。ラウンド中も、練習方法などについてアドバイスを受けながら楽しそうに会話する姿が見られた。「プロはこんな球を打つのかと、ものすごく圧倒されました。とても優しい人でしたし、最高でした。はあ…、本当にすごかったです」と、思わずため息が漏れてしまうほど。この日のラウンドは貴重な宝物になった。

加えて大会中に目を引いたのが、この日のキャディたち。「地域のジュニア育成という部分も強い意志としてあったので、ゴルフ部10人の方々にプロのキャディをやってもらった」と、地元の正智深谷高校のゴルフ部員がプロのキャディを務めた。さらに、ジュニア選手にも1人ずつキ帯同ャディがついた。「ジュニア選手にも帯同キャディと二人三脚でやることを楽しんでほしい。あとは、親御さんに自分の子どもが、普段どれだけ難しいことをやっていて、こんなに頑張っているんだというところを見てほしかった」という思いから、両親などが帯同した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!