松山英樹が監修 “日本一”コースの全貌が明らかに、テーマは「戦略性と景観美」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2018年11月08日-11月11日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

松山英樹が監修 “日本一”コースの全貌が明らかに、テーマは「戦略性と景観美」

2018年11月06日12時01分

自身が監修したコースで練習を行う松山英樹 日本のファンにどのようなプレーを見せつけるか(撮影:ALBA)

三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇6日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

日本のみならず、世界でも有数の名コースとして知られる太平洋クラブ御殿場コースが、全面改修を終えて10月にグランドオープン。今週木曜日に開幕する「三井住友VISA太平洋マスターズ」で、その全貌を明らかにする。大会開催を控えた5日(月)、都内で改修に関する記者発表が行われた。

世界的なコース設計家のリース・ジョーンズ氏を迎え、昨年から大規模な改修を行ってきた御殿場コース。日本のベストコーストップに選ばれるなど、ゴルファーの憧れの地として君臨してきた名門コースだが、今回は「国際水準へ」を大命題とし、世界で戦うトッププレーヤーからすべてのレベルのアマチュアゴルファーまで、誰もがその良さを実感できるコースへと変貌を遂げた。

まずトーナメント開催の側面から改修を見ると、総距離を延長せずとも戦略性を上げて、難易度を上げることに成功した。今大会は総ヤーデージ7246から7327ヤードに変更。さらに2つのパー5をパー4に変えるなど、トーナメント時はパー72から70へと変化を遂げる。

リース氏はこれまで、米国の伝統的なコース改修を手がけ、メジャー大会開催にふさわしいコースを造り上げてきた。「最近はパー72ではなく、70のコースが増えている。距離を伸ばすのではなく、もともとあるコースのティグラウンドやパーを変えることによって、コースは変わります」と、道具の進化による飛距離大幅アップの時代にあっても、問題なく世界基準のトーナメント仕様に仕上げてきた。

今回のテーマの1つとして挙げられるのが「戦略性」を高めること。コース内のバンカーを1から見直し、グリーン周りの徹底改修により、グリーンの面を変えずとも、見方を変えることによって心理面から難易度を上げている。「グリーンのアンジュレーションが際立つことによって、受ける印象が違ってくる」と、匠らしい改修が選手を苦しめそうだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!