日本OP制覇の稲森佑貴が海外へ!「チャンスあるなら当たり前」月末は世界選手権で中国に出場 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年10月11日-10月14日、
  • 場所:横浜カントリー倶楽部(神奈川県)

日本OP制覇の稲森佑貴が海外へ!「チャンスあるなら当たり前」月末は世界選手権で中国に出場

2018年10月14日19時19分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 稲森佑貴 -14
2 S・ノリス -12
3 岩田寛 -8
  嘉数光倫 -8
5 竹安俊也 -7
  藤田寛之 -7
  時松隆光 -7
  片岡大育 -7
9 A・キュー -6
10 B・ジョーンズ -5

順位の続きを見る

ウィニングパットを決め、力強く拳を握る稲森

ウィニングパットを決め、力強く拳を握る稲森(撮影:村上航)

<日本オープン 最終日◇14日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

国内最強ゴルファー決定戦「日本オープン」は、24歳の稲森佑貴の優勝に終わった。最終日を単独首位で迎えた稲森。前半は苦しいゴルフで8番までに1ボギー。ところが9番で10メートルのスネークラインを沈めると、10番でも7メートルを決めてバーディ。13番からも3連続バーディを奪い、最終ホールをボギーとしたものの、トータル14アンダーで見事に逃げ切った。

【写真】稲森、渾身のガッツポーズの一連を写真でプレーバック

ツアー初優勝が日本オープンという最高の舞台。30センチのウィニングパットを決めると、大きくガッツポーズ。「パットを決めたらガッツポーズをしてやろうと思っていました。あれができるのが気持ちいいですね」と、素直に公式戦制覇を喜んだ。

プロ転向は2011年3月、16歳のときだった。鹿児島県の実家はゴルフ練習場。小さいころから、練習場の2階に増設されたプレハブ小屋をマイルームとし、腕を磨いた。15年からツアー本格参戦。その15年から今季まで4年連続でフェアウェイキープ率1位。代名詞ともなっている「日本一曲がらない男」が「日本一強いゴルファー」に輝いた。

稲森の優勝で今季は20代の優勝が8人目。初優勝で見ると同じ鹿児島出身の出水田大二郎秋吉翔太重永亜斗夢ら九州勢が躍進している。「悔しさが大きくて、焦りもありました。大二郎君からは刺激を受けました。小学校からの付き合いで、うれしい半面、悔しさもあって、先を越されたという感じでした。でも今は感謝しています」。フェアウェイキープのように堅実にステップアップを図ると決めた矢先の優勝に、顔はほころびっぱなしだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!