「14番までは完璧だった」新垣比菜は痛恨のトリに泣く | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

「14番までは完璧だった」新垣比菜は痛恨のトリに泣く

2018年09月23日18時16分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 大江香織 -10
2 佐伯三貴 -8
  アン・ソンジュ -8
4 キム・ハヌル -7
5 小祝さくら -6
  東浩子 -6
  原英莉花 -6
8 葭葉ルミ -5
  新垣比菜 -5
  穴井詩 -5

順位の続きを見る

痛恨トリプルボギーも前を向く新垣比菜

痛恨トリプルボギーも前を向く新垣比菜(撮影:村上航)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇23日◇利府ゴルフ倶楽部(6,534ヤード・パー72)>

今季2勝目に向け猛烈に追い上げ、首位に躍り出た矢先だった。首位と4打差、8位タイから最終ラウンドをスタートした新垣比菜は、15番のパー3でまさかのトリプルボギー。一気にスコアを吐き出し、最終ホールもボギーとして、トータル5アンダーの8位タイで終戦した。

【写真】東北決戦の模様は撮れたてLIVEフォトでチェック

前半から快調に飛ばした。3番でこの日初バーディを奪うと、6番、7番、9番でもバーディを重ね、優勝を射程圏内に捉えた。折り返した後半も14番でバーディ。「14番までは本当に完璧というくらいのゴルフをしていました」と完全に勢いに乗っていたが、落とし穴はこの日、難易度1番となった15番。「池のプレッシャーがあって」と、ティショットを池に入れると、ドロップ後の3打目は10メートルに乗るもそこから3パット。勝利を手放してしまった。

前週の「マンシングウェアレディース東海クラシック」では優勝した香妻琴乃に1打差の2位タイ。惜敗が続く新垣だが、落ち込む暇はない。「先週に比べると悔しさはありません。今日の14番までの調子を普段通りできれば、来週もいいところにいけるかなと自信になりました」と、前を向く。

次週はアマチュア時代からも出場を続けてきた「日本女子オープン」。日本最高峰の大会に「一番大きな試合だと思うので、優勝目指して頑張りたい」。成長著しい19歳は、一度や二度の失敗でへこむはずがない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!