原江里菜(Erina Hara) | 注目プロ名鑑〜選手ぺディア〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアー関連コラム > 記事

原江里菜(Erina Hara)

女子大生プロゴルファーとして華々しくデビュー

2017年11月14日

プレースタイル

ツアーデビューの2007年からシードを守った3年間は、平均パット上位をキープ。シード落ちした2010年も平均パット数は25位だった。シード復帰後はパッティングの上手さに加えて、リカバリー率も上昇。パーオン率は落ちた年でも、ショートゲームでカバーして結果を残している。

2011年から森守洋氏とともにスイング改造に取り組んだ。

スイングの特徴は、ゆったりと大きなスイングアークを描くフォーム。スイング中に地面を向いている時間が長く、頭をしっかりとボールの右側に残した"超ビハインド・ザ・ボール"で、つねにボールを右側に見ながら、高くてアップライトなフォロースルーへと打ち抜いていく。

⇒参考/【スイング解説】原江里菜の“ゆったりと大きなスイングアーク”はアマチュアの理想

2016年シーズン終了後のオフにはスイング改造を敢行。「リズムをいままでよりを上げました。ゆっくりクラブを振るタイプでしたが、海外の選手を見ているとスイングのテンポが速かった。そこで速くしてみようと。アイアンの飛距離が1番手半くらい伸びたし、体重移動もこれまでよりもスムーズにできるようになった」と、2017年シーズン序盤に語っていたが、「100点のショットが出たときは良い球が出るけど、そうではないときはいままで出ないような大きなミスが出てしまう。スイングテンポが速くなったことでフェースローテーションのタイミングが合わないと右に出たり…」と不安も口に。開幕3試合連続予選落ちなど、結果が出なかったことで、スイングスピードを上げる取り組みを辞める結果となった。

ギア

2009年からPRGR(プロギア)と用具使用契約を結ぶ。契約発表記者会見では「プロ入り以来、自分自身に合うクラブを求めて複数社のクラブを試してきたが、自分に合うクラブにめぐり合うことができた」と語っている。以降はPRGRの看板選手に。2015年に藤本麻子、辻梨恵が加入した際には「今までは私がのスタッフを独り占めしていましたが、今年からは独り占めできないので、結果でアピールしたい」と意気込みを口にした。

2015年『大東建託・いい部屋ネットレディス』優勝セッティング

2017年『ダイキンオーキッドレディス』セッティング
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!