6連続バーディ、永井花奈が「攻め続ける」理由は“あの日”のリベンジ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

6連続バーディ、永井花奈が「攻め続ける」理由は“あの日”のリベンジ

2018年07月14日18時20分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 小祝さくら -9
  沖せいら -9
  申ジエ -9
  ぺ・ヒギョン -9
5 青木瀬令奈 -8
  川岸史果 -8
  酒井美紀 -8
8 有村智恵 -7
  笠りつ子 -7
  永井花奈 -7

順位の続きを見る

永井花奈、この日は力強いガッツポーズを何度も披露した

永井花奈、この日は力強いガッツポーズを何度も披露した(撮影:佐々木啓)

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 2日目◇14日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)>

前週の「ニッポンハムレディスクラシック」で初日を2位発進としながら、2日目に「76」と崩れた永井花奈。最終的に17位タイで終えた大会の借りを返すべく、今週は2日目に「67」のビッグスコアをマークし、首位と2打差のトータル7アンダー・8位タイで最終日を迎える。

【写真】水着美女の登場でボルテージは最高潮!

永井にはある思いがあった。「バーディを取り続ける」意識を強く持つこと。先週のこともあるが、永井は4月の「ヤマハレディース」でも首位発進を決めながら、決勝ラウンドでスコアを落として5位タイに終わった。「サイバーエージェントレディス」でも首位発進から最終日にスコアを崩して3位タイ。返したい借りが今年だけでいくつもあるのだが、そこから生まれた結論は、「バーディへの執着」だった。

この日の出だし1番でバーディを奪うと、7番ではボギーをたたくが、そこから火がついた。「高校生のときの大会で7連続というのはありますが、プロになってからは初めてです」と、8番から13番まで6連続バーディ。「とにかく、いいときは気持ちを抑えることなく、余計なことを考えずにバーディを取ることだけを考えていました」と一気に優勝争いに浮上した。ところが14番では「ティショットが打ちにくくて、逃げに入ったかも」と、一瞬だけ弱気になりかけダブルボギーとしたが、そこからも気持ちを切らさなかった。

「上がりの2ホールでバーディを取れば、明日、まだまだいい位置でいける」と、17番はパーとしたが、最終ホールでは15メートルをねじ込んで、踏みとどまった。「狙っていました」という永井だが、そんな強気な姿勢の裏には、本大会タッグを組む小畑貴宏氏からのげきがあった。「小畑さんからプレッシャーをかけられているんです。『あと何個バーディを取れるのか』と。それを乗り越えないといけないと思って、強い気持ちで行きました」と、手綱を緩めることはなかった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!