「絶望」から生還した石川遼、復活のカギは“フルスイング” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

関西オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年05月17日-05月20日、
  • 場所:小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)

「絶望」から生還した石川遼、復活のカギは“フルスイング”

2018年05月18日19時11分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 時松隆光 -8
  S・ノリス -8
3 池田勇太 -7
4 野仲茂 -6
  梁津萬 -6
  A・キュー -6
7 小斉平 優和 -5
  久保田皓也 -5
  片山晋呉 -5
  上井邦裕 -5

順位の続きを見る

うっすら光が差してきた石川遼

うっすら光が差してきた石川遼(撮影:佐々木啓)

<関西オープン 2日目◇18日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(7,124ヤード・パー72)>

予選カットラインギリギリのトータル1オーバー・60位タイで決勝ラウンド進出を決めた石川遼は、初日とは打って変わり、明るい表情で報道陣の質問に答えた。その理由は、「右に曲がることが1回もなかった」と、どん底だったドライバーの状態に兆しが見えたからだ。

【写真】ホールアウト後は充実の表情!石川遼決勝ラウンドへ!

そのきっかけになったのが、バーディを奪った後半の5番だった。そこまで3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーとスコアを落としていたこともあり、「予選通過が厳しい」ことを感じていた石川。そこで、取った策が「開き直り」だった。

「吹っ切れて、ドライバーをフルスイングした。無理に真っすぐ飛ばそうとせず、とにかく思い切り振りました」

すると、最近では感じられなかった鋭いショットが、しっかりとフェアウェイを捉えた。「これまでは、バランスの良いスイングをしようと思って、結果バランスが悪くなっていた。自分からバランスを取ろうとしてはいけないことに気づくことができた」という糸口がこの1打から舞い降りてきた。その後はノーボギー。1つスコアを伸ばしてホールアウトし 、予選通過ラインに何とか手が届いた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!