菊地絵理香がプーマのイベントで“大幅スイング改造”を明言 「開幕戦を見れば分かると思います(笑)」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

菊地絵理香がプーマのイベントで“大幅スイング改造”を明言 「開幕戦を見れば分かると思います(笑)」

2021年12月15日18時15分

ワンポイントレッスン会でファンと交流する菊地絵理香

 

ワンポイントレッスン会でファンと交流する菊地絵理香(撮影:ALBA)

今季1勝を挙げた菊地絵理香が15日、小田急百貨店ハルクスポーツで行われたプーマのイベントに登場。トークショーやワンポイントレッスン会などで、ファンとの交流を図った。

手取り足取りレッスンする菊地絵理香【写真】

前半のトークセッションでは、「体力がありあまってました(笑)。もう少しやりたかった」という2020-21年シーズンの振り返りや、オフの取り組みなどがメインテーマとなった。今年6月の「アース・モンダミンカップ」で、4年ぶりにツアー優勝。これで5400万円のビッグマネーを手にし、1.5年のシーズンとはいえ、自身初となる賞金1億円超(1億1783万3334円)を達成した。これについては「目標にしていたけど、気にせず戦って気づいたらそうなっていました」と話す。

今年33歳になったが、ゴルフへの意欲が失われることはない。「まだまだ(現役への気持ちは)あるので、安心してください」と集まったファンに約束。若手が台頭する女子ツアーだが、「少しでもうまくなりたいし、変化を求める。結果を怖がらずトライしていければ」という気持ちで、ここからのオフに臨む。

そこでの大きなテーマになるのが、「やりたいことが見つかった」と今季途中から着手してきたスイング改造を完成させること。コーチがいない菊地は、日々の試合のなかで、活躍している選手のスイングをチェック。それを参考に、いいものを取り込んでいる。今年は古江彩佳や西村優菜、申ジエ(韓国)のエッセンスを注入するという。これは「ファンの方なら開幕戦を見てもらえれば(変わった点が)分かると思います(笑)」というほどの大幅な改造になるようだ。

また「リズム感をよくするため」に5年ほど前から構想しているダンスを練習に取り入れる考えも。「やらないかもしれない」と笑うが、新たな試みを模索しながら、10季連続のシード入りや2季連続優勝などに備えていく。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!