「自分の心音が聞こえるくらい緊張した」 “新婚”稲森佑貴が激闘を制して日本OP2勝目 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2020年10月15日-10月18日、
  • 場所:紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)

「自分の心音が聞こえるくらい緊張した」 “新婚”稲森佑貴が激闘を制して日本OP2勝目

2020年10月18日18時19分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 稲森佑貴 -5
2 谷原秀人 -4
3 内藤寛太郎 -3
  石川遼 -3
5 河本力 -2
  杉原大河 -2
7 金谷拓実 -1
8 星野陸也 0
9 高橋慧 +1
10 出水田大二郎 +2

順位の続きを見る

日本OP2勝目を果たした稲森佑貴 4日間オーバーパーなしの安定感が光った

日本OP2勝目を果たした稲森佑貴 4日間オーバーパーなしの安定感が光った(撮影:佐々木啓)

<日本オープンゴルフ選手権 最終日◇18日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇7317ヤード・パー70>

日本一曲げない男が、日本オープンの舞台で再び力を見せつけた。首位と1打差から出た稲森佑貴が谷原秀人を逆転。2018年大会に続いて、ナショナルオープンで2勝目を勝ち取った。

18番で決めた! 渾身のガッツポーズ【大会フォト】

「チャンスがある」と迎えた最終日。前半はなかなかチャンスを決められずにオールパーで折り返し。「我慢していればいずれバーディが来る」と耐えていたが、12番で先にボギーを喫する。だが、そこでも気持ちが折れること無く、13番でバーディを奪ってバウンスバック。優勝の2文字が目の前に降りてきたのは終盤だった。

勝負が大きく動いたのは17番パー4。単独首位を走っていた谷原がバンカーに捕まりボギーを叩く一方で、稲森は3m弱のバーディチャンスにつけた。「絶対に(パットを)入れてやろうと思ったら、上を通り過ぎてやってしまったなと。ここが一番悔しかった」と単独トップとはならなかったが、トータル4アンダーで谷原と並び首位に立った。

「最後のロングを獲った人が勝つ」と迎えた最終18番パー5。フェアウェイキープ率トップを走ってきた稲森らしからず、ティショットは右のファーストカットへ。谷原も稲森と同じく右に行ったが、木が視界を遮るラフに入った。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!