荒天が予想される最終日 “27年ぶり” のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか?  | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

The Open 2019 July 18 Thu - 21 Sun

2019年7月18日-7月21日 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

荒天が予想される最終日 “27年ぶり” のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか? 

2019年07月21日07時48分

リッキー・ファウラーはメジャー初制覇なるか!?

 

リッキー・ファウラーはメジャー初制覇なるか!?(撮影:村上航)

全英オープン 3日目◇20日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

母国の威信をかけた選手たちが、最終日の主役になるか? 3日目を終えた「全英オープン」は、トップタイからスタートしたシェーン・ローリー(アイルランド)がトータル16アンダーまで伸ばし、後続に4打差をつける単独首位に立った。そのローリーに続く上位には、イングランド勢と米国勢が目立つ。

逆転なるか?ケプカの豪快ドライバースイング【連続写真】

この日「66」をマークし、トータル12アンダーの単独2位に浮上したトミー・フリートウッドをはじめ、4位タイのジャスティン・ローズ、6位タイのリー・ウェストウッドらイングランド勢は、27年ぶりに全英タイトルを故郷に持ち帰る戦いに挑む。前回イングランドにクラレットジャグが渡ったのは1992年。ニック・ファルドによって成し遂げられたが、その後全英タイトルを手にした者はなく、長い年月が経過した。

4打差を追うフリートウッドは「現実的に(逆転は)難しいと思う人はたくさんいるかもしれない。ただ僕はきょう最高のラウンドをして、ボギーフリーだった。シェーンもすごいプレーだったけど、僕はどのようにプレーすればいいのかを知っている」と自信を示す。

一方、トータル10アンダーで3位につけるJ.B.ホームズ、4位のブルックス・ケプカ、6位のリッキー・ファウラーら上位争いをする米国勢にとっても、ここでの勝利は母国の栄光につながる。今季はタイガー・ウッズが制した「マスターズ」を皮切りに、「全米プロ」をケプカ、「全米オープン」をゲーリー・ウッドランドが制した。ここで全英タイトルを手にすれば、37年ぶりに4大メジャーの“米国グランドスラム”達成となる。

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!