わずか1打差リードの終盤でもピンを攻め続けた黄アルム 今季3勝、その強さの要因に迫る【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2018年11月09日-11月11日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

わずか1打差リードの終盤でもピンを攻め続けた黄アルム 今季3勝、その強さの要因に迫る【辻にぃ見聞】

2018年11月13日17時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 黄アルム -13
2 永井花奈 -12
  アン・ソンジュ -12
4 青木瀬令奈 -11
  小滝水音 -11
6 佐伯三貴 -9
  申ジエ -9
  ユン・チェヨン -9
  鈴木愛 -9
10 松田鈴英 -8

順位の続きを見る

今季3勝目を挙げた黄アルム その強さの要因に迫る

今季3勝目を挙げた黄アルム その強さの要因に迫る(撮影:岩本芳弘)

先週の「伊藤園レディス」は、黄アルム(韓国)が順位変動の激しい3日間を終始安定したゴルフで乗り切り、今季3勝目(通算4勝目)を挙げた。今年7月の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で9年ぶりの優勝後、立て続けに2つの勝利を重ねた要因を上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が語った。

【写真】女優・中谷美紀さんとカップを掲げる黄アルム

■バックスピンで戻り過ぎるグリーンに多くの選手が苦戦

今大会の会場となったグレートアイランド倶楽部は、グリーン左に池が待ち受け、それが選手に大きな重圧を与える17、18番が名物ホールとして知られる。それに加え今年は、「止まり過ぎる」というグリーンも選手を苦しめたと辻村氏は話した。

「コンパクションが軟らかく その影響でスピン量がグンと上がり、ギュンギュンとボールが戻っていましたね。ウェッジなら平気で10m、ショートアイアンでも5〜7mというのもざら。選手にとっては、グリーンを狙う時の距離感がつかみづらかったはず。ただ硬いグリーンでボールを止めるのも、軟らかい所で戻し過ぎないのも、両方とも技術です」

今回のコースは、グリーンでスピンが入り過ぎないような距離を残す技術を選手に求めた。実際に松田鈴英は、単独トップに立った2日目を振り返って「パー5の攻め方を注意しました。3番の3打目は、初日は70ヤード残したのですが、奥からだったのにもかかわらず予想以上に戻ってしまったので、今日は125ヤード残しました」とマネジメントを変えたことを明かし、「65」という好スコアにつなげた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!