キャディは恋人?イ・ボミと清水重憲氏のコンビ解消を申ジエはこう見た【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

キャディは恋人?イ・ボミと清水重憲氏のコンビ解消を申ジエはこう見た【記者の目】

2018年09月10日15時42分

長年のタッグを解消したイ・ボミと清水重憲氏 2人の“復縁”は果たして?(写真はニトリレディス)

長年のタッグを解消したイ・ボミと清水重憲氏 2人の“復縁”は果たして?(写真はニトリレディス)(撮影:村上航)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇9日◇小杉カントリークラブ(6,605ヤード・パー72)>

長年連れ添ったキャディが替わるというのは、ツアーでは日常茶飯事とはいかないまでもよくあること。そもそも毎週替える選手もいるくらいだ。

【写真】私服姿のイ・ボミ、タイの夕日に照らされて…

だが、そんな状況下にあって、イ・ボミ(韓国)と清水重憲キャディのコンビ解消はどのメディアも大きく報じた。それだけセンセーショナルだったということだろう。ボミといえば清水キャディ、清水キャディといえばボミというイメージが浸透していたことを意味する。アジア枠として出場していたジャン・ハナ(韓国)も「韓国ではキャディのことがここまで報道されることはないですよ」と驚いた。

ボミと清水氏がタッグを組んだのは2013年。いきなり同年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で優勝。翌14年には3勝を挙げて賞金ランキング3位に入ると、15年に賞金女王を戴冠。16年には2年連続となる賞金女王の称号を獲得する。

だが、17年に雲行きが変わる。大きく調子を崩し、年間1勝のみ。賞金ランクは23位と低迷した。特にひどかった時期は毎日帰りの車で泣いていたという。苦しい状況の中で「夏と秋に衝突したこともありました。自分は思っていることをいえないのも嫌なので、ボミプロと腹を割って話し合い、どうにか困難を乗り越えてきました」と清水氏は当時の状況を吐露している。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!