“新しい景色”が見えるようになった!石川遼のスイング改造の進捗状況 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

カシオワールドオープン

  • 期間:2017年11月23日-11月26日、
  • 場所:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)

“新しい景色”が見えるようになった!石川遼のスイング改造の進捗状況

2017年11月25日19時46分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 時松隆光 -11
2 金庚泰 -10
3 谷口徹 -9
4 S・ハン -7
  岩田寛 -7
  松村道央 -7
7 石川遼 -6
  宋永漢 -6
  姜庚男 -6
  片岡大育 -6

順位の続きを見る

石川遼 スイング改造にも手ごたえ

石川遼 スイング改造にも手ごたえ(撮影:岩本芳弘)

カシオワールドオープン 3日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

10月に日本ツアーに復帰後、再び世界で戦うためにフェースローテーションを抑えた新スイング完成を目指して、試合を戦いながら調整を重ねてきた石川遼。先週の「ダンロップフェニックス」では、国内6戦目にして初めて予選を突破してショットへの好感触を得ると、今週のホスト大会「カシオワールドオープン」では結果にもつながり、さらに手ごたえを深めている。

【関連】石川遼、理想のスイングは過去にアリ?

この3日目には“66”をマークし、38位タイから7位タイに浮上。ショットは日増しに感触が良くなっており、この日の記者会見では、「自分のスイングの景色が変わりました」と力強く話していた。

石川の言う景色とは、スイング中に目に見えるもののこと。アドレスに入るとボールはだいたい視界の真ん中に入るように見えるが、「今までは、ダウンスイングからインパクトにかけてボールが離れて、視界の上のほうにズレるように」なってしまっていた。

しかし、最近はボールが、「真ん中に見えるままインパクトする感覚になってきた」。これが石川の言う新しい景色らしい。これまではダウンスイングで上体が先行し、体が起き上がった状態からボールを捕まえるべく大きくフェースをターンさせてきたが、現在は上体が開かず、体の正面でボールを捕まえられるようになってきた。この新しい景色は、石川のスイング改造が順調に進んでいることを示している。

現在の完成度は50〜60%だという。今の課題を乗り越えた先には、「何があるのかを知りたい。もっと良いゴルフができると今日は思いました。この先、もっとできる可能性を感じるスイングになってきた」。これまでよりも安定感を増した、精度と再現性の高いスイング。新しい景色に満足することなく、さらに良い景色が見えるよう鍛錬を続けていく。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!