昨年のリベンジ達成したキム・ハヌル「去年の経験生きた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2017年04月28日-04月30日、
  • 場所:グランフィールズ カントリークラブ(静岡県)

昨年のリベンジ達成したキム・ハヌル「去年の経験生きた」

2017年04月30日17時07分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 キム・ハヌル -7
2 鈴木愛 -7
3 テレサ・ルー -6
4 森田遥 -5
5 武尾咲希 -3
6 全美貞 -2
  木戸愛 -2
8 鬼頭桜 -1
  イ・ミニョン -1
10 東浩子 0

順位の続きを見る

カップを手にして満面の笑み これぞ“スマイル・クイーン”

カップを手にして満面の笑み これぞ“スマイル・クイーン”(撮影:上山敬太)

<サイバーエージェントレディス 最終日◇30日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>

リベンジ達成だ。昨年同様プレーオフに突入した「サイバーエージェントレディス」で、首位タイスタートのキムハヌルが鈴木愛を振り切って、昨年の惜敗を乗り越えた。

【関連】ドレス姿に私服姿も満載!キム・ハヌルフォトギャラリー

前半は鈴木が連続バーディなどで飛び出したが、10番で鈴木がボギーを喫したのを機にエンジンをかけた。11番、12番で連続バーディでトップに立つと、16番でもバーディ。追いすがる鈴木を振り切るかに見えたが、17番で落とし穴が待っていた。「傾斜が強いのはわかっていましたが、打った瞬間に『速い』と思って」と、3パットボギー。チャンスを決めきれなかった鈴木と並び最終ホールに突入した。

18番はともにパーでプレーオフに突入。ともに約3メートルを残したバーディチャンスを先に鈴木が外すと、ハヌルは落ち着いてこれを沈め、大きく両手でガッツポーズ。「最初の18番もプレーオフも同じラインだったので、切れないと思っていました。緊張しましたけど、去年ほどではありませんでした。去年の経験生きましたね」と、冷静な試合運びでツアー4勝目を勝ち取った。

「また負けてしまうと、このあと響くと思ったので、勝ててよかったです。強い気持ちで臨んだ結果です」。約1メートルのショートパットを外して勝ちきれなかった昨年の悪い思い出を払拭したハヌル。「昨年の最終戦以来の優勝ですが、思ったより早かったです」と、笑顔満開。「今年の目標は昨年勝った試合で連覇することだったのですが、アクサレディスin宮崎では予選落ちしてしまった」と気落ちしたが、来年は、このサイバーで連覇のチャンスをゲットした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!