後輩二人は活躍も…賞金ランク首位・谷原秀人は予選落ち | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2016年11月10日-11月13日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

後輩二人は活躍も…賞金ランク首位・谷原秀人は予選落ち

2016年11月11日18時54分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 松山英樹 -13
2 朴相賢 -11
3 宋永漢 -10
4 S・H・キム -9
5 李京勲 -7
  金亨成 -7
  宮本勝昌 -7
  藤田寛之 -7
  薗田峻輔 -7
  松村道央 -7

順位の続きを見る

トータル4オーバーで予選落ちとなってしまった賞金ランク1位の谷原

トータル4オーバーで予選落ちとなってしまった賞金ランク1位の谷原(撮影:上山敬太)

三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』2日目、先週の『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』で今季3勝目をあげて、賞金ランク首位に返り咲いた谷原秀人だったが、初日『77』の大きな出遅れを巻き返すことができず。松山英樹、アマチュアの比嘉一貴との東北福祉大ペアリングのなかで、唯一の予選落ちとなってしまった。

初日から大ギャラリーを沸かせるプレーを見せた松山英樹

 松山との予選ラウンドはギャラリーにとっては最注目組だが、初日は多くのギャラリーの前で5オーバー。苦しい立ち上がりとなったが、この日は前半を2バーディ・ノーボギーで終えて、さらに後半に入っても10番、11番の連続バーディでトータル1オーバーに。予選通過ラインに浮上する意地のプレーを見せる。

 だが続く12番、13番で痛い連続ボギー、そして最終18番パー5でも1つスコアを落としてトータル4オーバーで終戦。「調子が悪いからしょうがない。ゆっくり休みます」と言葉少なにコースをあとにした。

 松山英樹は2日間60台半ばを揃え、トータル13アンダー・単独首位につける圧巻のプレー振り。比嘉も一時はトータル4オーバーに転落するも、終盤15番、16番の連続バーディ、そして18番も獲ってカットラインすれすれで予選突破を決めるなどナイスカムバックを見せただけに、後輩たちとは対照的な結果となった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!