稲森佑貴、苦い思い出ばかりの地で“まさか”の首位浮上 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

  • 期間:2016年11月03日-11月06日、
  • 場所:総武カントリークラブ 総武コース(千葉県)

稲森佑貴、苦い思い出ばかりの地で“まさか”の首位浮上

2016年11月04日17時57分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -8
  稲森佑貴 -8
  谷原秀人 -8
4 今平周吾 -4
5 大堀裕次郎 -3
  W・J・リー -3
  黄重坤 -3
  片岡大育 -3
9 手嶋多一 -2
  朴相賢 -2

順位の続きを見る

苦手なコースで意外?な首位争いに躍り出た稲森佑貴 三つ巴の争いから抜け出せるか

苦手なコースで意外?な首位争いに躍り出た稲森佑貴 三つ巴の争いから抜け出せるか(撮影:標英俊)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇4日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>

 予選突破が目標だったのに首位通過!?『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』予選ラウンドを終えて、トータル8アンダー・首位タイにつけた稲森佑貴。苦い思い出しかないコースで、2日間連続60台と会心のプレーを続けている。

賞金王レースが熱い!国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック! 

 初日“67”で6位タイにつけると、この日は“65”。木々でセパレートされたフェアウェイが狭い林間コースで、多くの選手がフェアウェイキープに苦しむが、現在フェアウェイキープ率1位の稲森が外したのは2度のみで、7つのバーディを生み出した。

 総武カントリークラブ 総武コースで試合を戦うのは3度目で、昨年大会と2013年『日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯』の2試合は予選落ち。「(初めての)日本プロで回ったときは、しっちゃかめっちゃかで…。昨年はフェアウェイを捉えてもショットが悪かったのでもったいなかった」という経験から“まずは予選突破”の意識が生まれるのは当然だが、「この2日間はとんとん拍子に来ています。ピンチは来ると思いますが、あたふたせずに攻めるところは攻めて。結構チャンスだと思っているので」と思わぬ結果に自信を深めている。

 「ポジションもいいので、優勝を目指して頑張ります。それとまだ『JTカップ』も諦めていないので」。ツアー初優勝、そして2年連続での最終戦出場へ。3日目は池田勇太谷原秀人との最終組でラウンド。自身のプレーを貫き、優勝争いに残ることができるか。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!