自ら2ペナルティを要請し予選落ち 25歳が貫いたゴルファーの矜持 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

パナソニックオープン

  • 期間:2016年04月21日-04月24日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県)

自ら2ペナルティを要請し予選落ち 25歳が貫いたゴルファーの矜持

2016年04月22日19時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 市原弘大 -8
2 S・カプール -7
3 矢野東 -6
4 洪 健堯 -5
5 朴相賢 -4
  武藤俊憲 -4
  金庚泰 -4
  永野竜太郎 -4
  呉阿順 -4
10 王情訓 -3

順位の続きを見る

ケーシー・オトゥール(※写真はバングラディシュオープン)

ケーシー・オトゥール(※写真はバングラディシュオープン)(撮影:GettyImages)

パナソニックオープン 2日目◇22日◇千葉カントリークラブ梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

 この日の全選手ホールアウト後、リーダーボードが動いた。トータル1オーバーでフィニッシュしたケーシー・オトゥール(米国)が、ホールアウト後に2ペナルティを課されてトータル3オーバーとなったためだ。オトゥールはこのペナルティにより予選落ちとなった。

国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!

 この日INからスタートしたオトゥールは、18番パー5でグリーン右手前のガードバンカーにつかまった。そのホールはパーが記録されたが、ホールアウト後にオトゥールが自ら競技委員に「バンカーでソールが砂に触れたかもしれない」と申し出た。

 「バックスイングをあげた時に何かが顔に落ちた気がする」とソールに付着した砂粒が落ちてきた可能性を指摘するオトゥールに対し、同伴競技者の高山忠洋はペナルティに該当する行為はなかったと説明。しかし、オトゥール自身が納得いかず競技委員、マーカー、高山を伴ってコース内に流れるギャラリー用のVTRを確認した。

 結局ソールが砂に触れたことは確認できなかったが、オトゥールは「可能性がある限り決勝ラウンドをプレーする気にはなれない」と自らペナルティを申し出て、18番ホールには“7”が記された。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!