2日間で計7ホール… “想定外”のプレーオフ、畑岡奈紗は敗戦にも笑顔「より強い選手になりたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ

  • 期間:2020年01月16日-01月19日、
  • 場所:フォーシーズンズG&スポーツクラブ(フロリダ州)

2日間で計7ホール… “想定外”のプレーオフ、畑岡奈紗は敗戦にも笑顔「より強い選手になりたい」

2020年01月21日06時30分

敗戦後、テレビインタビューに答える畑岡奈紗

敗戦後、テレビインタビューに答える畑岡奈紗(撮影:岩本芳弘)

ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 5日目◇20日◇フォーシーズンズG&スポーツクラブ(フロリダ州)◇6645ヤード・パー71>

2mのバーディパットを外した瞬間、“2日間の激闘”が敗戦という形で終わった。トータル13アンダーで72ホールを終え、ガビー・ロペス(メキシコ)、インビー・パーク(韓国)と並ぶトップタイでホールアウトした畑岡奈紗。前日、5ホールを戦ったものの決着がつかず月曜日に持ち越しとなったエクストララウンドは、開始7ホール目でバーディを奪ったロペスが制した。

メジャー制覇へ! 畑岡奈紗のドライバースイング【動画】

グリーン左に池が配置される18番パー3が、畑岡自身も「想定していなかった」と話すほどの長丁場の舞台となった。三つ巴で始まったプレーオフは、前日の3ホール目でティショットを池に落としたパークがまずは脱落。その後はロペスとのガマン合戦が続いた。

月曜日最初のホールをともにパーとし、迎えた運命の7ホール目。“右から攻める”という戦略通り、4番UTで放ったティショットをフォローの風に乗せピン右に着弾させると、これが傾斜を転がり2mほどのチャンスについた。先に打っていたロペスは、手前6mほど。勝利のチャンスが訪れたかに思えた。しかし、前日から徹底して手前から攻めていたロペスのバーディパットは、その予習を生かしたかのように、しっかりとラインに乗ってカップイン。畑岡にとってチャンスが一転、外せば負けというまさに“サドンデス”のピンチに変わった。

「重圧はありました」という畑岡のボールがついたのは、難しい下りのフックライン。これが「1カップほど曲がると思ったけど、最初から左に出て、切れすぎてしまいました」と、カップから大きくそれていった。「プロは“勝ってなんぼ”の世界なので負けたことは悔しいけど、次につなげたい。(前日は)5ホールのプレーオフでアドレナリンが出ていたのか、なかなか寝つけなかった。これだけ長いプレーオフは今後もあまりないと思うので、いい経験だと思う」。もちろん勝てなかったことへの思いは胸にあったが、長丁場を終えた満足感からか表情には笑顔ものぞいた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!