相次ぐ引退表明と、戦い続ける者が見せる未来【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2019年11月15日-11月17日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

相次ぐ引退表明と、戦い続ける者が見せる未来【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2019年11月19日18時50分

大江だけでなく、一ノ瀬優希、佐伯三貴も、今季限りでの現役引退を表明している。いずれも、今季はシード選手だが、賞金ランキングは一ノ瀬が80位、佐伯が69位で、シード落ちが濃厚になっている。いずれも故障から思うようなプレーができなくなってのことだ。

以前、女子プロたちのセカンドキャリアについて書いたが、それについてさらに考えさせられる状況が起きている。どれだけツアーで戦うか。それが自分で決められるのがゴルフの世界だ。シードが取れるかとれないか。というのは一つの区切りだが、そこでQTに行ってでも戦い続けるのか、それともキッパリと身を引くのか。そこがはっきりと分かれるのが近年の傾向だ。

ツアーを離れた者も多くは何らかのかたちでゴルフにかかわっていく場合が多い。後進の育成にあたっていったり、アマチュアのレッスンをしたり、プロアマやイベントなどに顔を出したり、メディアで仕事をしたりとかたちは様々だ。女子の場合は結婚して子育てに専念する者もいる。こちらの可能性を探るのもおもしろいに違いない。

戦い続けることを選んだ者は、年齢を重ねれば重ねるほど、心身ともに厳しくなる世界に身を置くことになる。大山や、やはりケガを乗り越えた表純子などのように、できる限り長く試合に出ようとあがき続ける。その姿からは、ゴルフが持つ魔力のようなものが感じられる。

いずれにしても、ツアーで戦うプロゴルファー達は、常に選択を迫られている。年々、早い時期にそのタイミングが来るようになっているなか、現在の若手たちが、いつか来るその時にどんな道を選ぶのか。先輩たちの引退劇は、若い選手達にも様々なかたちで影響を与えそうだ。(文・小川淳子)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 速報はこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」速報
松山英樹、小平智らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」速報
今平周吾と川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!