プロになって20年以上経ちますが… 大山志保が「記憶にない」3日間ノーボギーでシード圏内に! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2019年11月15日-11月17日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

プロになって20年以上経ちますが… 大山志保が「記憶にない」3日間ノーボギーでシード圏内に!

2019年11月18日07時03分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -14
2 大山志保 -13
3 ペ・ソンウ -12
4 勝みなみ -11
  福田真未 -11
  ユン・チェヨン -11
  岡山絵里 -11
8 申ジエ -10
9 大江香織 -9
  稲見萌寧 -9

順位の続きを見る

単独2位に入った大山志保 土壇場でシード圏内に浮上した

単独2位に入った大山志保 土壇場でシード圏内に浮上した(撮影:鈴木祥)

<伊藤園レディス 最終組◇17日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

「すべてを受け入れる予定でした。QTに調子のピークを持って行こうと思っていました」。開幕前の賞金ランキングは65位。QT(クォリファイングトーナメント)受験を覚悟していた大山志保だったが、トータル13アンダーの単独2位でフィニッシュし、賞金900万円を加算した。賞金ランキングは49位(2410万8500円)と一気にシード圏内へと入ってきた。

右こぶしがうなる! 最終ホールでギャラリーを沸かせた大山志保【写真】

首位と2打差の6位タイから出た大山は4番を皮切りに、順調にバーディを重ねていく。15番パー5で残り131ヤードの3打目を8番アイアンで1mにつけて、この日5つ目のバーディで一番上に並ぶ。

首位タイで迎えた18番。ティショットを左のラフに入れると、2打目はグリーンに乗っただけ。かなり長い距離となったバーディパットは2mショート。「ここでボギーが私らしいのですが(笑)、絶対に入れると思って決めました」。2打目地点で同じく首位タイの鈴木愛が見守るなか、このパーパットを沈めて「優勝したかのような(笑)」ガッツポーズ。この後、鈴木がバーディを奪ったため優勝は逃したが、「悔しい気持ちはこの後出てくると思いますが、自分のなかで1打1打に集中できました」と充実感に満ちた表情を見せた。

最終ホールでパーセーブをしたことで、3日間54ホールノーボギーを達成。「それが一番うれしいですね。プロになって20年ちょっとですが、初めてだと思います。私すぐボギーを打つから(笑)。2日間ノーボギーも記憶にないですもん」。“らしくない”ゴルフで来季の出場権に望みをつないだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!