真逆すぎる2人の一騎打ち 徐々に今平も“虎さん”に…【カメラマンの景色】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM Championship

  • 期間:2019年11月07日-11月10日、
  • 場所:PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)

真逆すぎる2人の一騎打ち 徐々に今平も“虎さん”に…【カメラマンの景色】

2019年11月13日12時34分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 崔虎星 -14
2 今平周吾 -12
3 D・ペリー -11
  S・ノリス -11
5 S・ビンセント -10
  B・ケネディ -10
7 R・ジョン -9
8 時松隆光 -8
9 T・ペク -7
  キム・ソンヒョン -7

順位の続きを見る

対照的な2人のコントラストもおもしろかった

対照的な2人のコントラストもおもしろかった(撮影:佐々木啓)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP編】

最終日は、ほぼチェ・ホソン(韓国)と今平周吾の一騎打ちだった。ホソンが単独首位で最終ラウンドをスタートしたが、1打差から追いかけてくる今平とは終盤まで接戦が続いた。

今平が1打リードしたかと思えば、すぐにホソンが逆転。その後2人が横並びになり…、激戦が繰り広げられる。そんな優勝争いだけでなく、見ていて印象的だったのがあまりにも対照的な2人のキャラクターだ。

コミカルな動きで観客から笑いを起こすホソン。バーディを獲れば大きくガッツポーズ、外せばのけぞって悔しがる。オーバーアクションで、18ホール中ころころと感情を表現する。一方の今平といえば、淡々としたプレーがおなじみ。ボギーを叩いても動じず、ギャラリーからの歓声には片手を軽く挙げて応えるだけだ。

優勝争いがヒートアップするにつれて、それぞれの個性が際立つ。「ホソン選手は、後半に入って歓声や声援が大きくなるにつれて、アクションもより増えていった気がします。そういう周囲の雰囲気も、ホソン選手は好きなんだと感じました」と佐々木啓カメラマン。そんなホソンの雰囲気につられるように、勝負が佳境を迎えると今平もガッツポーズをとる姿が見られた。

17番で今平がボギー、ホソンがバーディで2打差が開き、最終ホールをともにパーで終えてホソンが逃げ切り優勝。「今回はホソン選手が両手を突き上げて勝利を喜びましたが、今平選手の力強い勝利のガッツポーズも、次は見られるかもしれませんね」(佐々木カメラマン)。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!