「ピン型に戻したいけど…」今週もマレット型の“ピンクパター”で優勝 盤石の14本【勝者のギア】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

「ピン型に戻したいけど…」今週もマレット型の“ピンクパター”で優勝 盤石の14本【勝者のギア】

2019年11月04日12時06分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -14
2 申ジエ -13
3 小祝さくら -12
4 岡山絵里 -11
5 ペ・ソンウ -9
6 勝みなみ -8
  高橋彩華 -8
8 葭葉ルミ -6
  新垣比菜 -6
10 篠原まりあ -5

順位の続きを見る

レディース向けのピンクパターで今季2勝を稼ぎ出している

レディース向けのピンクパターで今季2勝を稼ぎ出している(撮影:米山聡明)

先週の「樋口久子 三菱電機レディス」は、申ジエ(韓国)との激しい優勝争いを制した鈴木愛が今季5勝目をつかんだ。一時は独走態勢を築きそうな展開となったが、15番で1打差まで詰まると、上がり3ホールは緊張の連続。そのなかで鈴木は、シビアなパットを決め続け、何とかジエを振り切った。

優勝のよろこびを静かに噛みしめた瞬間【大会ライブフォト】

その鈴木が今週手にしたパターが、今年の「ニトリレディス」から投入し、優勝にも貢献した“ピンクパター”だ。これは、クラブ契約を交わすPINGが今年9月に発売したレディース向けのパター『G Le2 ECHO』。もともとピン型を愛用してきた鈴木だが、けがからの復帰戦となった先週に続き、今週も大型のヘッドが特徴のマレットタイプを選んだ。

この意図について鈴木は、「ピン型に戻したい気持ちはあるけど、(G Le2 ECHOは)ヘッドが大きくてすごく安心感がある。武蔵丘はピン型でいつもいいイメージが出ないのでマレットを使うことにした」と説明。けがで離脱する前からパットに悩んでいた自身の状態を踏まえたことや、速いグリーンへの対策としても有効と判断。見事それがハマり、完全優勝を果たした。

セッティング自体は、今季4勝目を挙げたニトリの時と変わらず。鈴木が「今週はアイアンがよく、しっかりと入りやすいポジションにボールをつけることができた。ショットで獲ったバーディも多かったです」と優勝のカギに挙げたクラブは、昨年から使用を続ける“愛器”、PINGの『i210アイアン』。またドライバーの『G410』シリーズは鈴木が使用するLSTと、渋野日向子らが使うPLUSを合わせ、今季の国内女子ツアーで8勝目となった。

【鈴木愛のクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:PING・G410 LST(10.5度)
PING・ALTA JCB/S/45.5インチ)
3、5W:PING・G410フェアウェイウッド(14.5、17.5度)
UT:PING・G400ハイブリッド(22、26度)
6I〜PW:PING・i210アイアン
W:PING・GLIDE 2.0ウェッジ(50、54、58度)
PT:PING・G Le2 ECHO
BALL:タイトリスト・PRO V1x

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢6人が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!