メジャータイトル逃し涙…でも最後は笑顔締め! 大里桃子「プロとしての生きがいを味わえました」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子オープンゴルフ選手権

  • 期間:2019年10月03日-10月06日、
  • 場所:COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)

メジャータイトル逃し涙…でも最後は笑顔締め! 大里桃子「プロとしての生きがいを味わえました」

2019年10月06日19時15分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 畑岡奈紗 -18
2 大里桃子 -14
  ユ・ソヨン -14
  岡山絵里 -14
5 ぺ・ヒギョン -10
  高橋彩華 -10
7 渋野日向子 -9
8 テレサ・ルー -7
9 梶谷翼 -6
  松田鈴英 -6

順位の続きを見る

悔し涙も…最後は笑顔!

悔し涙も…最後は笑顔!(撮影:上山敬太)

日本女子オープンゴルフ選手権 最終日◇6日◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)◇6479ヤード・パー72>

トップタイから出た大里桃子だったが、最終日に4バーディ・5ボギーの「73」と1つスコアを落とし、メジャー初優勝を逃した。その悔しさから、ホールアウト後は目を真っ赤にした。

次は“嬉し笑顔”で 大里桃子のスマイル【写真】

トップで並んでいた畑岡奈紗との最終日最終組。日本一のタイトルがかかるラウンドだったが、3番パー3で難しいラフから80cmに寄せたパーセーブのチャンスを外した。「ここを決めることができていたら流れが変わったかなと思う。自分の課題が最後の最後に出たという感じですね」。4番で畑岡が連続ボギーを喫し、一時は単独トップにも立ったが、その後はジリジリと差を広げられた。「飛距離も違うし、ショットの精度も違う。もっと自分も近づけるように」という同級生に、最後は4打差をつけられ完敗した。

それでも「途中崩れかけたけど、14番のパー5でバーディが獲れて、15番もミラクルなパーでしのげました。くやしいけど、最後までやり切れました」と、 持てる力は出し切った。そして何より、“1打の大事さ”を知るラウンドにもなった。

最終18番パー5では「少しでも上に」と果敢にツーオンを狙い、しっかりとバーディで締めくくった。ここで1打伸ばしたことで、順位は4位から2位タイに浮上。この1打で獲得賞金が1185万円となり、今季通算も2746万9800円まで伸ばした。これで来季のシード権獲得も確実。この話を聞くと、「それだったら…けっこう、うれしいですね(笑)」と、一気に笑顔を取り戻した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!