ライバル、先輩、そして家族 柏原明日架の初優勝を支えた宮崎県人たち | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ライバル、先輩、そして家族 柏原明日架の初優勝を支えた宮崎県人たち

2019年09月30日07時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 柏原明日架 -10
2 ペ・ソンウ -8
3 比嘉真美子 -6
  菊地絵理香 -6
  勝みなみ -6
  永井花奈 -6
7 辻梨恵 -5
  畑岡奈紗 -5
  河本結 -5
  大西葵 -5

順位の続きを見る

母・友美さん(左)と一緒にトロフィーを掲げた柏原明日架

母・友美さん(左)と一緒にトロフィーを掲げた柏原明日架(撮影:村上航)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日◇29日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6505ヤード・パー72>

勝つときは泣かない。そう思っていてもやはり込み上げてくるものは抑えられなかった。優勝直後のインタビューで「この場に立つのに6年もかかってしまった。日頃から応援してくださるみなさまにたくさんの心配をかけてしまった(笑)」と切り出した冒頭から、すでに言葉を詰まらせていた。

これが柏原明日架、6年分の涙【大会フォトギャラリー】

改めて「長かった」と振り返ったプロテスト合格からの6年。苦しいことも多かったが、ここまでやってこれたのは、話したとおり同郷の同級生や先輩、そして家族の存在が大きかった。

宮崎県が生んだレジェンド・大山志保は、常日頃から何かあれば相談している先輩。とくに最近は同組で回ることも多く、アドバイスを求める機会も多かった。何かあれば客観的な意見を快くくれるのだが、7月の「センチュリー21レディス」で予選落ちしたときも、練習グリーンで「なかなか調子が上がってこないんです」と相談した。

「“勝てないのは何でなんですかね?”って質問したら、“大事なのは1勝目の早さじゃないよ。ゴルフをやめるときに何勝していたかだよ”と言ってくださって。さらっとした会話でしたけど、気持ちの支えになりました。焦りを取り払ってくれたし、目の前の課題に集中した方がいいと気づくことができました。この言葉は大きかったですね」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!