“王道”の勝利を呼ぶ名門・輪厚、直近成績では日本3トップに期待 好調の新鋭タイ勢2人も注目【佐藤信人の優勝予想】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ANAオープン

  • 期間:2019年09月12日-09月15日、
  • 場所:札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)

“王道”の勝利を呼ぶ名門・輪厚、直近成績では日本3トップに期待 好調の新鋭タイ勢2人も注目【佐藤信人の優勝予想】

2019年09月12日07時16分

石川遼ら大本命がそのまま勝つ!?(撮影:佐々木啓)

石川遼の連勝に韓国一の実力者の勝利。男子ツアー秋の陣もいよいよスタートするなか、今週は伝統の一戦「ANAオープン」が行われる。過去には尾崎将司中嶋常幸など、歴代チャンピオンには実力者がズラリ。そこで2000年次戦に活躍が期待できる選手を佐藤信人がピックアップ。ツアー9勝を誇り、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の広報担当理事を務める佐藤が挙げた優勝候補は?

現在賞金ランク1位 石川遼のドライバースイング【連続写真】

■選手も「好きなコース」上位の輪厚はどんな特徴?
尾崎将司の現役最後の勝利となった開催コース、札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース。ジャンボ尾崎が過去7勝。中嶋常幸が3勝と、王道のゴルフが大会を制してきた。そこで、2000年大会に輪厚コースを制した佐藤にコースの印象を聞いてみた。

「コースが持つ特徴として、グリーンが特に重かったり速かったりするわけでなく、いい意味で平均的に、言い換えれば、すごくフェアに仕上がっているコース。また洋芝なので、ラフからでも変にフライヤーをしない。野芝やコーライなど、日本によくあるほかの芝よりも計算がしやすいんです」

多くの選手が「好きなコース」と話す理由には、コースレイアウトも関係している。「極端なアップダウンがあるわけでもなく、ホール間のインターバルもあまりなく、ストレスなく回れるというのもあります」と佐藤。加えて、「何一つトリッキーな部分がない。ドツボにはまるというのが少ないコースだと思います」(佐藤)。

■王道のゴルフが輪厚を制する となれば3トップが順当?
実力どおりのゴルフができれば、自ずと好スコアが期待できる。よほどのトラブルにならない限り、スコアをまとめることができる、それが輪厚だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!