地元ファンの声援に応えられずも… R・マキロイは「歯を食いしばるだけ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

The Open 2019 July 18 Thu - 21 Sun

2019年7月18日-7月21日 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

地元ファンの声援に応えられずも… R・マキロイは「歯を食いしばるだけ」

2019年07月19日07時31分

地元で大きく出遅れ ローリー・マキロイは巻き返しなるか

 

地元で大きく出遅れ ローリー・マキロイは巻き返しなるか(撮影:村上航)

全英オープン 初日◇18日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

地元・北アイルランドのファンからの大声援を背中に受けて、ローリー・マキロイは1番のティイングエリアに立った。舞台は「こんな日が来るとは思わなかった」と興奮する、幼いころからなじみのあるロイヤルポートラッシュGC。16歳のときにはコースレコードとなる「61」を叩き出した得意の“ホーム”だ。

このスイングなら予選通過も可能?マキロイのドライーショット【連続写真】

そんな晴れ舞台でのティショット。アイアンを持ったマキロイが放ったボールは大きく左に曲がりOB。さらに、3打目も深いラフにもぐりこんでアンプレヤブル。トラブル続きで、まさかのダブルパー発進。ロイヤルバークデールで行われた2014年大会を含めてメジャー4勝という百戦錬磨の30歳は、「プレッシャーのせいではない」と話したが、明らかに普段の姿とは違った。

その後は15番まで耐えるゴルフを強いられながらも、2バーディ・1ボギーと粘りを見せていたが、16番の通称「カラミティ」で、その名のとおり惨劇が再び北アイルランドの天才ゴルファーを襲った。ティショットでグリーンを捉えきれず、アプローチをピンまで2メートル弱まで寄せた。だが、このパーパットを外すと、さらに数十センチ残ったボギーパットもカップに嫌われ、痛恨のダブルボギー。「あれは言い訳のできないほどひどかった。集中力を欠いてしまったあの場面が一番残念」と悔しがった。

18番でもトリプルボギーを叩き、結局「79」の8オーバー・150位タイで初日をフィニッシュ。すべてが空回りしてしまい、「もちろん最悪の日だった」としたが、予選通過を諦めてはいない。

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!