「子供たちに笑顔を届けたい」 青木瀬令奈が福岡の児童養護施設に衣服を寄贈 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ほけんの窓口レディース

  • 期間:2019年05月17日-05月19日、
  • 場所:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)

「子供たちに笑顔を届けたい」 青木瀬令奈が福岡の児童養護施設に衣服を寄贈

2019年05月14日19時39分

青木瀬令奈が福岡県内の児童養護施設に衣服を寄贈した(撮影:村上航)

ほけんの窓口レディース 事前情報◇14日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6292ヤード・パー72>

国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」に出場する青木瀬令奈が、子供たちに笑顔を届けようとひと肌脱いだ。

ツアー屈指の名コンビ 瀬令奈&美寿々がイチャイチャ【写真】

「子供たちのために何かできないないかとずっと考えていました。いろいろな方の協力もあって初めて実現しました」。青木のマネジメント事務所が福岡にある縁で、福岡県内の児童養護施設17カ所に青木が今までに着用したウエアや、青木の思いに賛同したニューバランスのティシャツなどを寄贈すると決めた。この日は、寄贈先の一つである開催コース近くの児童養護施設「和白青松園」を訪れ、衣服に加えて今大会のチケットもプレゼントした。中にはゴルフをプレーしたことのある子もいて「これをきっかけにつながりができたらいいですね」と子供たちとふれあった。

今季トップ10入りのない青木だが、前週13位タイに入った「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で好転のきっかけをつかんだ。同大会は2015年に4位タイに入り、初シードのきっかけとなった舞台。「思い出の地で初心に帰っていいゴルフができました。特にドライバーショットがよくなったので、気持ち的にも乗っていけました。週末には子供たちも来てくれるかなと期待を込めて頑張って、喜んでもらえるいいプレーをしたい」。子供たちにとって会いに来てくれたプロゴルファーは身近に感じられる存在。衣服の寄贈だけでなく、ゴルフのプレーでも笑顔を届ける。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!