「そうそう負けることはないと思う」松山英樹は連日の好プレーでマッチプレーに手応え | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ザ・プレーヤーズ選手権

  • 期間:2019年03月14日-03月17日、
  • 場所:TPCソーグラス(フロリダ)

「そうそう負けることはないと思う」松山英樹は連日の好プレーでマッチプレーに手応え

2019年03月18日07時31分

ショットにも手応え 状態は確実に上がっている

ショットにも手応え 状態は確実に上がっている(撮影:GettyImages)

<プレーヤーズ選手権 最終日◇17日◇TPCソーグラス(米国フロリダ州)◇7189ヤード・パー72>

賞金総額1250万ドル(約14億円)、“第5のメジャー”と呼ばれる「プレーヤーズ選手権」最終日。松山英樹は、最終日にスコアを5つ伸ばし、トータル12アンダー・8位タイで4日間を終えた。

どこを参考にすればいい?松山英樹のスイング連続写真

3日目に「66」、そしてこの日1イーグル・4バーディ・1ボギーの「67」と連日の猛チャージに「結果的に予選を通る大切さってことが分かった。これからも悪くてもくさらずにやれば良い結果が出るんだと思い、これからも続けていきたい」と話した松山。

「パッティングが短いパットを外してないのが大きい。良いプレーができたと思うし、今日はスイングも小細工しながらでもうまくまとめられるくらいだったので、これくらいが最低レベルになりたいなという感じはある」と珍しく自身のラウンドに高評価を下した。

そのパッティングは、予選ラウンドと決勝ラウンドで大きく変えていた。予選ラウンドは松山の言葉を借りると「極端に言うとリッキーのようにやってみようかなと思って。ひゅんと構えて、パンと打つ、みたいな(笑)」。決勝ラウンドでは「いろいろ考えてやっています」と2日間とは変えて挑んだ。「3日目、4日目と変えてみてよかったんで。このまま行くのか、予選で試したことをやってみるのかは、この1週間のオフでいろいろはやってみたい」と4月の「マスターズ」に向けて、次戦の「WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー」までに試行錯誤する構え。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!