“苦労人の涙”と“グッドルーザー”を目の当たりにした現場 耳に残った「2位は…」という言葉【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

マイナビABCチャンピオンシップ

  • 期間:2018年10月25日-10月28日、
  • 場所:ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)

“苦労人の涙”と“グッドルーザー”を目の当たりにした現場 耳に残った「2位は…」という言葉【記者の目】

2018年10月30日19時19分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 木下裕太 -15
2 川村昌弘 -15
3 H・W・リュー -12
4 今平周吾 -10
  藤本佳則 -10
6 B・ジョーンズ -8
  比嘉一貴 -8
  小田孔明 -8
  A・キュー -8
10 姜庚男 -7

順位の続きを見る

優勝が決まった直後、敗れた川村は木下の腕を高く掲げた

優勝が決まった直後、敗れた川村は木下の腕を高く掲げた(撮影:鈴木祥)

先週の国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」は、プレーオフでイーグルを奪った木下裕太の劇的なツアー初優勝で幕を閉じた。プロ転向から11年かけ、ようやくタイトルをつかんだ男の涙が印象的な大会だった。だが、この激戦を語るうえで2位に終わった川村昌弘の存在も忘れてはいけないと強く感じた。川村の粘りが、あの男泣きのシーンを際立たせた。

10年前の2008年大会、プロ転向初勝利を挙げ、カップを掲げる石川遼

トップと2打差の3位で最終日を迎えた川村。その位置から同じ最終組で回り、逃げきりをはかる木下に必死に食らいついた。終盤には15番でのイーグル奪取など、さらに追い上げのピッチを速め、そして最終18番のバーディで木下を捉えた。

プレーオフでも川村は完璧なショット連発でバーディを奪い、木下に圧力をかける。最後は、手の震えを必死におさえながら決めた木下のイーグルパットの前に沈んだが、このスリリングな展開は、まさに手に汗握るという表現がふさわしいもの。そして、バーディをイーグルでねじ伏せたあの場面は、男子ゴルフの面白さが凝縮されていた。

敗戦が決まった直後。グリーン上には初優勝を挙げた32歳の腕を高々と掲げ、その勝利を心から讃える川村の姿があった。そして試合後に川村は、「すごかったですね。木下さんとも話しましたが、本当に2人で盛り上げたなと。いい試合だったと思います」と、やりきった表情で話し、悔いも「一つもないです」と言い切った。前週の「ブリヂストンオープン」も2位に終わり、悔しさはひとしおだったはず。しかし、そんな気持ちをみじんも感じさせず、淡々と記者からの質問に答える姿は、木下の涙と同じくらい清々しいものだった。

“グッドルーザー”。その時、頭に浮かんだのがこの言葉だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!