川岸良兼 1打差・2位と好発進「日本プロシニアだから朝からドキドキ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

川岸良兼 1打差・2位と好発進「日本プロシニアだから朝からドキドキ」

2018年10月05日07時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 廣田恭司 -5
2 川岸良兼 -4
3 T・ウィラチャン -3
  崎山武志 -3
  原田三夫 -3
  P・マークセン -3
  米山剛 -3
8 伊藤正己 -2
  尾崎直道 -2
  金鍾徳 -2

順位の続きを見る

首位と1打差・2位発進の川岸良兼(※写真は日本プロゴルフ協会提供)

首位と1打差・2位発進の川岸良兼(※写真は日本プロゴルフ協会提供)

<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日◇4日◇サミットゴルフクラブ(7018ヤード・パー72)>

シニアプロ日本一を決める公式戦「第57回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」初日。単独首位に立ったのは、5アンダーの廣田恭司、1打差の単独2位には川岸良兼、2打差の3位タイグルプには、プラヤド・マークセンタワン・ウィラチャン(ともにタイ)、米山剛崎山武志原田三夫がつけた。

娘・史果は2017年にプロ初勝利を達成

川岸は4バーディ・ノーボギーも安定したラウンドではなかったようで…「もうピンチだらけだったけど、パーパットを全部入れた。2回すごいのが入りました。11番では(ティショットが)右に少し外れたら、ボールが見えないくらい深いラフに入って、ロブショットで6mのパーパットになったけど決めた。14番は8mのパーパット。これはもうボギーだと思っていた。日本プロ(シニア)だから、朝からドキドキ感あったね、2週間休みがあったから」。要所をしっかりと締めて、シニアプロNO.1を決める公式戦で好発進に成功した。

今季はシニア入り2年目もまだ優勝はない。今年8月末の「コマツオープン2018」ではパク・ブーウォン(韓国)に競り負けて2位。シニア初タイトルへ、2日目も上位をキープしたい。

成績上位者の初日終了後のコメントは以下のとおり。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 速報はこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」速報
松山英樹、小平智らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」速報
今平周吾と川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!