2019年からの新ルールはここが変わった!〜キャディのアドレス確認〜|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > その他編 > 2019年からの新ルールはここが変わった

戸張捷のルール&マナー

その他編

質問2019年からの新ルールはここが変わった!〜キャディのアドレス確認〜

【変更前】
プロの試合でよく見かけられる、プレーヤーがアドレスに入ってから飛球線後方よりキャディスクエアに立てているかどうか確認しているシーン。ショット時までに飛球線後方からキャディ(ダブルス戦の仲間を含む)がどけば無罰。

(写真:2019年度ゴルフ規則より)

回答【変更後】飛球線後方にキャディが立ってアドレス確認するのは2罰打

プレーヤーがストロークのためのスタンスをとり始めてからの後方からの確認は認められない。

この場合の「ストロークのためのスタンス」とは、一度スタンスを取ったとしても、そこから一度アドレスを外せば、ストロークのためにスタンスを取ったとみなさない。つまり、キャディがボールの飛球線後方に立ってしまっていた場合でも、プレーヤーが一度スタンスをほどくことによって、ペナルティを科すことはない。

そのため"故意"ではなく、"誤って"立ってしまった場合にはペナルティはない。

プレーヤーがストロークのためにスタンスを開始しているときにキャディが飛球線後方に立っていたとしても、キャディがプレーヤーではなく別の方向を向いていて、気づいていない場合やプレーヤーがスタンスを取り始めた段階で、キャディが残りヤードを計算していたり、何か別のタスクにかかっている場合は、"誤って"立ってしまったと認識されてペナルティはない。

アマチュアにはほとんど関係のないルールだが、プロはセットアップのルーティンの変更が求められることになる(規則10.2b参照)。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!